スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

school809.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サハラ砂漠 メルズーガからフェス(FES)へ

b0183583_2255763.jpg



サハラ砂漠には、もうちょっといたかったんだけど、

帰りの日程もあるし、そうはいかないんだよね。


b0183583_20263727.jpg


お世話になったラクダさんと、2ショットの写真を撮ってお別れです。


マラケシュに戻って、大西洋のビーチでくつろぐのも悪くないと思ってたんだけど。



行きのワゴンの中でも誘われてたんだけど、改めて、

サハラツアーで仲良くなった人たちから、一緒にFES(フェス)に行かないかと誘われた。


タクシーをチャーターして行くと一人200ディルハム(2100円)でフェスまで行ける。

所要時間は、約8時間らしい。


かわいい中国人の女の子と、モデルやってるアルゼンチンの女の子から、腕を組まれて、

「一緒にフェスに行こう!」

と真顔で笑顔で誘われると、断る理由も無いし、むしろ嬉しいし。


あやしげなお店や女の子に貢いだり、

詐欺にあっても気づかない人の気持ちが分かります。



b0183583_20403837.jpg


結局、2人の中国人の女の子と、3人のアルゼンチン人と私の6人で、

タクシーをチャーターしてフェスに行くことになりました。



b0183583_20583933.jpg


ホテルも、彼女たちが予約してた立派な所にお世話になりました。


b0183583_21343282.jpg


エントランスもかわいい。


b0183583_2053246.jpg


フェスの入口は、ブルーゲート。

フェスの旧市街の壁の中は、世界遺産に登録されています。



b0183583_21163034.jpg


モスクに行ったり、


b0183583_21293870.jpg


王宮に行ったり、


b0183583_2147858.jpg


b0183583_2149963.jpg


皮のなめしを見学したりしました。


b0183583_2154378.jpg


フェスの街は迷路みたいで、すぐに迷います。


b0183583_2205033.jpg



b0183583_2262418.jpg



b0183583_2282969.jpg



かっこいいオヤジ達が絵になる街ですね。



b0183583_22265318.jpg


サンセットが綺麗な丘に上りました。



b0183583_22352849.jpg


HOtel Caifornia みたいな色合い。


b0183583_2249792.jpg




b0183583_22592499.jpg


子供たちがウザいんだけど、その子供たちのロバに乗ったりして遊びました。


けっこう楽しんでるし。


b0183583_235313.jpg


夜景も綺麗な丘でした。



見るもの体験するもの全てが非日常で、


夢の中の世界にいるようでした。




.
[PR]
by school-809 | 2016-10-30 17:17 | モロッコ | Comments(0)

マラケシュから2泊3日のサハラ砂漠ツアーに参加しました


サハラ砂漠へのツアーやバスは、マラケシュから毎日出ています。

個人でバスを手配して行っても、現地発のサハラ砂漠ツアーに参加しても、

結局内容は同じです。


b0183583_21161445.jpg


ツアーの方が安上がりだし、食事も夕食・朝食付くし、ラクダにも乗れます。


仮に自分で手配してバスで行くなら、

マラケシュからメルズーガまでバス(200ディルハム)

メルズーガで1泊(約200ディルハム)

メルズーガ発のらくだに乗って行く1泊サハラ砂漠ツアー(350ディルハム)

これに、夕食・昼食が別にかかります。(夕食100~150ディルハム・昼食70ディルハム)

メルズーガからマラケシュかフェスまでのバス代(200ディルハム)


合計で1300ディルハム(約14000円)くらいは最低でかかると思います。



個人的には、マラケシュ発のサハラツアーの方がいいと思います。

サハラ砂漠滞在時間が短いのがネックですが、

帰りのワゴンを放棄すれば、どれだけでも砂漠ライフが楽しめます。


途中は、世界遺産のアイトベンハッドゥに立ち寄ったり、

なかなかイケてる農村の畑を訪問したり、泥壁迷路集落を探索したりします。


b0183583_20553481.jpg


移動費・食事・宿泊・らくだ、全部付いて、800ディルハム(約9000円)でした。


個人でやると、バス停に行ってチケットを買ったり、ホテルも手配せないかんし、バスだと移動に時間がかかります。

あんまり時間的余裕が無かったし、ツアーの方が安上がりですね。


日本で予約すると、むちゃくちゃ高いので、現地でサハラツアーの手配をしましょう。

マラケシュの泊まってるホテルで予約は簡単にできるし、朝ホテルまでお迎えに来てくれバス停まで乗せてってくれます。


b0183583_21193825.jpg


高校の地理の教科書に載ってたアトラス山脈(オートアトラス)を越えていきます。


b0183583_21442091.jpg


世界遺産の街、アイトベンハッドゥに到着。


b0183583_220283.jpg



b0183583_21573476.jpg


ガイドさんが街中を案内してくれ、写真を撮ってもらったりしました。


ガイドさんには一人20ディルハム(220円)出せと、露骨にチップを要求してきます。

日本人はチップに慣れてないので嫌な感じはしますね。



b0183583_2253754.jpg



b0183583_22152431.jpg



ワゴン車はアトラス山脈に沿って、砂漠の中を地平線の彼方まで果てしなく進みます。



b0183583_2223492.jpg


この日の宿泊は、ここ。


b0183583_22292312.jpg


夕食は美味しかったし、太鼓たたいて宴会やって、


b0183583_22364356.jpg


皆とすごく仲が良くなって、


同室のオーストラリア人とドイツ人と中国人と一緒に、

部屋に付いてたルーフバルコニーで、星空を見ながら沢山話をしました。



2日目


朝から、おなかいっぱいに朝食をいただきました。


b0183583_22452310.jpg


b0183583_2253685.jpg


途中、景色のいい所で何回か休憩して、



b0183583_23164286.jpg


どこぞかの農村を訪問して、




b0183583_23181981.jpg


イカした橋を渡って、


b0183583_23273783.jpg


壁の中の街に入って、


b0183583_23285047.jpg


日干しレンガとか作ってるし。


わくわくして、どこに連れていってくれるんかな?



と思ってテンション上がってたら、



b0183583_2334562.jpg


カーペット屋に連れて行かれました・・・。


2m×1.5mの小さいサイズで150ユーロ(約16000円)だったので、かなり高いと思います。


ちなみに僕は後日、シャウエンで同じサイズの手織りカーペットを200ディルハム(2100円)で買いました。



b0183583_23502782.jpg


渓谷で泳いで (泳げないけど・・)、


b0183583_0152100.jpg


夕方まで地平線を見ながら、ワゴン車は進んでいきました。



b0183583_0101462.jpg


メルズーガの街を超えると、景色はさらに変わっていきます。


b0183583_017135.jpg


そして、明らかに色が違う砂の山を見たとき、


サハラ砂漠に来たと確信しました。



b0183583_021771.jpg


僕たちを運んでくれるラクダさんは、スタンバイOK


b0183583_0354796.jpg



バイクやランドクルーザーのレンタルもありました。

パリダカ世代としては、とても魅力ありますね。



b0183583_0274120.jpg



2時間ほどかけて、らくだに乗って、ベルベル人の村まで行きました。


b0183583_0385636.jpg


もう楽しくて、美しくて、しかたありませんでした。


うす暗くなった頃に、ベルベル人のテントに着きました。

夕食は、チキンのタジン鍋とピラフ。


わずかな明かりに照らされ、皆で囲む食事は格別でした。


b0183583_046344.jpg


たき火を囲んで、太鼓のリズムと歌声が響きます。


b0183583_048126.jpg


歌って踊って、国境はありません。


映画のシーンに入り込んだ、そんな錯覚を覚えました。



この後、スペイン人の女の子と中国人の女の子と一緒に、

砂丘の一番上まで登りました。

登っても登っても砂にのまれて落ちるので、なかなか上に登れません。

靴の中、ポケットの中、砂で膨れ上がりました。

それもまた楽しいんだけど。



さらさらの砂丘に寝そべって何時間もたくさんおしゃべりしましたよ。

大地の暖かさで寒くありませんでした。


月が落ちると、

天の川がどーんと流れて、

無数の星が広がってきました。


たくさんの流れ星も見ました。

ネパール以来の25年ぶりのたくさんの星。


ここに来たかったんだなとしみじみと思いました。





3日目


辺りが明るくなってきて、もうすぐ日の出というタイミングでキャンプを出ました。


b0183583_116072.jpg


サハラ砂漠に朝日が昇ります。

らくだの上で、しばらく停止して日の出を見ました。


b0183583_1194259.jpg


朝やけで、砂丘がオレンジ色に輝きます。

b0183583_1252992.jpg




b0183583_1262623.jpg


b0183583_1271140.jpg


そして、金色に。


b0183583_1353339.jpg


刻一刻と変わる色の流れを目で確かめながら、


b0183583_1413299.jpg



サハラ砂漠を背にしました。



長い行程だったけど、時間はあっという間に過ぎてしまいました。


旅の印象は出会った人達で大きく変わります。

今回のサハラファミリーは、最高のメンバーでした。

全ての大陸からこのサハラに集まり、家族と言っていいほどの親密さ。

また会える予感がしています。


ヨーロッパか、南北アメリカか、オーストラリアか、中国か日本か。

もしかしたら、再びサハラに集合かもしれません。






[PR]
by school-809 | 2016-10-23 08:34 | モロッコ | Comments(1)

カサブランカからマラケシュへ

カサブランカには、 casa port と casa voyageurs という2つの大きな駅があります。

casa port はすごい近代的な駅です。


b0183583_2217433.jpg


スタバもあります。


b0183583_22191163.jpg


自分はもう一つの casa voyageurs からマラケシュ行きの列車に乗りました。

95ディルハム(約1000円)

所要時間は、3時間20分。



b0183583_22254367.jpg


カサブランカを出ると、ほとんどが荒涼とした大地を走ります。


b0183583_22283650.jpg


終着のマラケシュ駅は、とても近代的。

マクドナルドもあります。

値段だけチェックしたら、

フィレオフィッシュ46ディルハム(約500円)、 ビッグマック49ディルハム(約550円)

むちゃくちゃ高いし。


知り合いになったモロッコ人の日給が、一日働いて50ディルハムと言ってたので、

一般庶民は行けんやろな。



タクシーで、この街の中心の フナ広場に向かいました。

最初は30ディルハムと言ってたんだけど、いらんと言ったら、交渉で15ディルハム(約 160円)になった。

相場より、高いか安いか分かりません。


長距離バスも、サハラ行きのツアーも、ホテル街も、市場も何でも揃ってる便利な場所です。

このフナ広場の近くに宿を取ると便利だと思います。


宿の相場も安いですね。

1泊朝食付いて80ディルハム(約900円)

中庭も屋上もあって、wifiさくさく、快適に過ごせた。


それと、市場の規模がむちゃくちゃ大きい。

モロッコの買い物は、ここで全て揃うと思いますよ。


たくさんあるお土産屋さんは、定価が無い交渉制なので値切りますが、

だいたい、相手の言い値の3分の1くらいが相場だと感じました。


買い物物価も安いですね。



食事も美味いのが連発でした。


b0183583_2239246.png


ヤギ頭の煮込みとかヤギの脳みそとか、かなり美味い。



b0183583_2243189.jpg


かたつむり(エスカルゴ)も最高! スープも美味いんですよ。

サザエを少し柔らかくした食感です。


b0183583_2315972.jpg


こんな感じで売ってる。5ディルハム(60円くらい)


b0183583_23382827.jpg


ビールがあったら最高なんだけど、イスラムの世界は酒類が手に入りません。


代わりに、フレッシュジュースがとても美味しくて、

日頃、酒に毒されてる肝臓と体が、ヘルシーに変化していきます。



b0183583_2353462.jpg


平日の夜中の11時過ぎでも、このにぎわい。

大道芸には人だかり。


蛇使いのオッサンとかマジでいて、

東京コミックショーのゼンジー北京を思い出しましたよ。

レッドスネークカモン!


写真を撮ろうとすると、すぐに撮影料を請求されます。



歩いてるだけで、いい感じの絵になる人たちがいっぱいいるんだけど、

勝手に撮るわけにもいかんし。




b0183583_23252911.png




でも、たまたまスマホのカメラアプリに指が触れたら、


すごくcool な写真が撮れてました。




[PR]
by school-809 | 2016-10-19 23:57 | モロッコ | Comments(0)

福岡からカサブランカへ

カサブランカ

素晴らしい響きですね。

映画のタイトルにもなるくらいですから、いつかは行ってみたい魅惑の都市の一つでした。


秋休みを利用してモロッコに行ってきました。

初アフリカです。


日程は、12日間。


飛行機はHISで予約しました。


福岡ー関空ーパリーカサブランカ(エールフランス)

カサブランカーアムステルダムーソウルー福岡(KLMオランダ)


周遊チケットですね。

全行程で、 89000円でした。


今年の夏から、燃料サーチャージが無くなって、しかも円高になったタイミングだったので、

安く行けたと思います。


デルタ航空のスカイマイルは、無期限で貯まるので、スカイチームの飛行機会社を選ぶことにしています。

エールフランス最高ですね。

フランス料理は美味しいし、シャンパンもあるし、ワインも4種類置いてました。


福岡からだと、関空とパリで2回乗り換えるので、

カサブランカに着くまでに、24時間以上かかります。


映画見たり、飲んだり、隣の人と話したり、スマホでAmazon kindle読んだり。



b0183583_112269.jpg


カサブランカ空港に着いて、イミグレ。

思った以上に早かった。


そして、10000円だけ現地通貨ディルハムに両替しました。

空港レートはあんまり良くないので、大量両替はしないでいいと思います。


実際、物価は安くて、

12日間で使ったお金は全部で50000円。


移動費、ホテル代、食費、お土産、全て含んだ金額です。




b0183583_115050.jpg


荷物預けは無かったので、そのまま外に出たら、すぐに列車の駅になってる便利さ。


b0183583_117277.jpg


空港駅 AEROPORT Med 5 から casa voyageurs まで43ディルハム(500円くらい)



モロッコ鉄道の時刻表のリンクを貼っておきますね。これ重宝しましたから。


それと


そして極めつけが、Maps.me

これが無かったら、迷子の中の迷子。



オフラインでGPS利用できる地図です。


一昨年、google map に頼って中国に行ったら、

まさかの、googleがブロックされて全く使えないし。


Facebookも youtube も g-mail も ヤフーメールも使えんかったし。


それ以来、 Maps.me は必需品になってます。





カサブランカの初日の宿は booking.com で予約していました。


しか~し、

ホテルに着いたら、満室だから帰れ!と・・・・。


予約確認書を見せて、カードで支払っていることを言っても、

No, No, No の連発で他のホテルに行けと受け入れてくれません。

どうしようもありませんでした。

翌日、booking.comからメールが来て、ノーショーでチャージだけされましたから。

すぐに苦情と返金なクレームを出しましたよ。


安いから、駅に近いからという理由で予約したんだけど、

初日からえらいな目に遭いました。


日本から長時間フライトしてきて、日本時間だと朝方になってて、すぐに休みたいのに・・・。


タクシーで別のホテルに移動して、なんとかチェックインできたものの、

日本を基準で考えると、信じられないことが起こるのも海外ならではなんですね。



あの素晴らしい響きのカサブランカが、

クソブランカになった瞬間でした。



でも、それだけで判断するのも大人げないし、

ひとつ経験値が増したと考えることにしました。


そして、booking.comの方に協力いただいて、時間と手間はかかりましたが、返金されたので良しとします。



b0183583_23532928.jpg



関空で、USドルを200$(20400円)

ユーロを400ユーロ(45000円) これを両替して持って行きました。


モロッコでは、ユーロは、ホテルでもショップでもレストランでもタクシーでも、いたるところで使え便利です。


USドルを使う機会はありませんでした。

日本円は、市内の両替所や銀行で普通に両替できます。


b0183583_013685.jpg



現地での両替は以下の通りです。

100ユーロで、1063ディルハム

100ドルで、948ディルハム

10000円で、936ディルハム。


これを日本円にそろえると、

10000円あたり、

ユーロだと 945ディルハム

USドルだと 930ディルハム

日本円だと 936ディルハムとなり、

やっぱりユーロが一番強いのが分かります。


どこででも使えるので、ユーロを持って行きましょう。



b0183583_0241423.jpg



それと旅行の幅が広がったのが、楽天ゴールドカード(楽天プレミアムカード)への入会ですね。

年会費 10800円かかりますが、それ以上のメリットがあると思います。


旅行傷害保険は必須だと思います。


特に去年は、バルセロナ空港で荷物を盗まれて、スーツケースが傷だらけになったけど、


 ↑ リンク貼ってます


保険でカバーしてくれました。


今回は、体力にも自信が無かったので、ゴールドカードの保険の存在は有難いものでした。



b0183583_0343634.jpg


b0183583_036254.jpg


そして、世界中の空港のラウンジが無料で利用できるんですね。


b0183583_037866.jpg


b0183583_0384617.jpg



食事も、アルコール類も、シャワーも無料。


空港での乗り換えの時間が快適なものに変わります。


使わなかったけど、荷物を空港から自宅までタダで送ってもらえます。


ネットで買い物をしても、ポイントが5倍とかになるし、

ETCカードも無料だし、

電話代や電気代などもカード決済してるので、

楽天トラベルで、しょっちゅうポイントでタダで泊まり歩いています。

特に、熊本ふっこう割で7割引きとかあったし。


気になる方は、こちらに楽天ゴールドカードのリンクを貼っておきます。


加入される場合は、紹介者IDに、

SU5J0UE6

と入れていただければ、2000ポイント入ります (^^)






[PR]
by school-809 | 2016-10-18 02:03 | モロッコ | Comments(0)
line

0968-66-1444


by school-809
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31