スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

school809.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パソコンの自作をやってみました 組み立て編

まずは、心臓部分であるマザーボードにパーツを取り付けていきました。
b0183583_2255873.jpg

ウレタンマットが付属していたので、マザーボードの箱の上にウレタンマットをひき、その上で組み立てます。

箱の上に見えるのがCPU。
今回は、intelのi5-2500K、クアッドコアでオーバークロックができるタイプです。
b0183583_2313147.jpg



CPUを冷やすためのファンも付属しています。
b0183583_234271.jpg



このCPUをマザーボードの黄色いところに取り付けます。
b0183583_2352549.jpg

b0183583_2361038.jpg


その真上にCPUを冷やすためのファン(CPUクーラー)を取りつけます。
b0183583_23812100.jpg

対角線を押さえて、押し込みます。
カチッと入れば、OK


CPUクーラーの電源ケーブルを「CPU_FAN1」と書いてある4ピンコネクターに差し込む。
b0183583_23131928.jpg



マザーボードにメモリを取りつけます。
b0183583_23144862.jpg

デュアルチャネル(転送速度を速める)対応にするため、同じ色のメモリスロットに同じ規格のメモリを2枚差す。

今回は、青色同士に4Gメモリを2枚差して、計8Gのデュアルチャネル対応にしました。


マザーボードへの取り付けは、これだけです。



次に、PCケースにマザーボードや電源ユニットを取り付けます。

サイドを開いて

電源ユニットを取り付けます。
b0183583_23381152.jpg



マザーボードに付属の「バックパネル」を取りつけます。
b0183583_23421148.jpg

もともと本体に付いていたバックパネルは、ドライバーの柄の部分でたたくと外れます。


マザーボードを乗っけるための「マウントねじ」を9ヶ所に取り付ける。
b0183583_2250873.jpg


9ヶ所付けたところ。
b0183583_2252046.jpg

ATXサイズは9ヶ所、microATXサイズなら、6ヶ所になります。

AとかMとか刻印が打ってあるので、そこにマウントねじを取りつけます。

今回はATXサイズなのでAと刻印してある所9ヶ所にマウントねじを取り付けます。

その上にマザーボードを置いて、

b0183583_2334552.jpg

「インチねじ」でマザーボードを本体に固定します。
b0183583_23354362.jpg



本体の底に、レールが付いていたので、DVDドライブの左右に取り付けます。
b0183583_23452016.jpg


本体にDVDドライブをカチッと取り付けます。
b0183583_23464646.jpg


ハードディスクを取りつけます。
b0183583_23504641.jpg


このPCケースの最大の特徴です。

ハードディスクを固定するのではなく、ゴムバンドで宙に浮かせる発想。

ハードディスクの動作音や振動がしません。

このPCケースは、宙に浮かせると3台、
固定すると4台までハードディスクを乗せることができます。


これで、おおよその形ができました。




次回は、電源ユニットから出ているコードと本体やマザーボードに接続する

「ケーブル接続編」です。
[PR]
by school-809 | 2011-04-28 00:00 | 塾にて | Comments(0)

パソコンの自作をやってみました パーツ選び編

以前からやってみようと思ってたのですが、パソコンを自作してみました。

目的は、「静かなパソコンがほしい」から。


今までは、市販されているパソコンを使ってきました。

今までの履歴は、思い出したやつで

1.NEC 9821(デスク)ms-dos
2.東芝 DYNABOOK(ノート)dos-v
3.富士通(デスク)win95
4.IBM THINKPAD(小さめノート)win95
5.IBM THINKPAD(大きめノート)win98
6.SOTEC (デスク)win98
7.SONY VAIO(デスク)win2000
8.富士通(ノート)win me
9.NEC レッツノート(ノート)win xp
10.DELL inspiron(デスク)win vista
11.SONY VAIO(ノート)win vista
12.DELL XPS(ノート)win vista
13.LENOVO G(ノート)win 7
その他

メインはデスクトップで、自宅用がノートPCという感じです。

だいたい、2年に1台くらいのペースで買い替えています。

で、今までメインで使っていたデスクが結構きつくなってきたので、買い替えを考えていました。



本屋で「パソコン自作」という本が目にとまり、自分で作ってみたくなりました。


参考にした本には、ゲーム用パソコンを多く扱っていましたが、

私の目的は、「静かなパソコン」


納得のいくように、自作することに決めました。


ゲーム用は、デザインも凝ってますが、冷やすのが目的なため、静音性に欠けます。

静かなパソコンを作るのに一番重要なのは、「ケース選び」

いろいろな方の口コミ等を参考にして、こいつに決めました。


ANTEC SOLO WHITE(8,616円)

b0183583_23441297.jpg


結構でかい。


このケースに電源ユニットを取りつけます。

KEIAN BULL-MAX KT-620RS(3,450円)

b0183583_075296.jpg




CPUは、本当はintelのi7が欲しかったんだけど、予算の関係でintelのi5の2500K(18,725円)

クアッドコアです。

Kシリーズというのが、オーバークロックのできるタイプになります。

b0183583_23512456.jpg



マザーボードは、ちょうどそのころ不具合があって、不具合の解消されたモデルから選びました。

ASROCK P67 PRO3(12,800円)

b0183583_2358391.jpg


ビデオカード1枚でいい人には、十分すぎます。


で、ビデオカードがこれ。

SAPPHIRE HD5670 512M(6,470円)

b0183583_001086.jpg


モニター3台までいけます。


メモリは思い切って、8G。

CFD DDR3 PC3-10600

4G×2枚の、デュアルチャネルで。(6,570円)

b0183583_022019.jpg



ハードディスクは、2TB

WD20EARS(6,370円)

b0183583_035779.jpg



DVDは、安くておすすめがこれ。

IHAS324-27(1,979円)

b0183583_045169.jpg



パーツを選ぶところから、わくわくします。


次回は、組み立て編です。
[PR]
by school-809 | 2011-04-19 00:38 | 塾にて | Comments(0)
line

0968-66-1444


by school-809
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30