スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

school809.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ベトナム( 5 )

ホーチミン クチトンネル 自力でローカルバスでの行き方

ホーチミンに戻って、1日日程が余ったので クチトンネルに行くことにしました。

b0183583_22150979.jpg

ベトナム戦争の時に、アメリカ軍は空爆と枯葉剤散布を繰り返し、

ベトナム軍は、地下にトンネルを掘ってゲリラ戦で戦いました。


その時に作った地下トンネルが今でも残っています。

クチという街の、ベンユック Ben Duoc と ベンディン Ben Dinh の2か所が行けるらしい。


ホテルにポスターが貼ってあったので聞いてみたら、

ベンディン行きのツアーが 131,000ドン(650円)

別にトンネル入場料が、110,000ドン(550円)かかる。

合計で、241,000ドン(1200円)

出発8:30 帰ってくるのが15:00 (6時間半くらい)


時計を見たら、すでに8時で、今からじゃ無理だからってことでローカルバス使って自力で行くことにした。


とっても便利なローカルバスのアプリがあって、

bus map ho chi minh

これいいよ。

GPSで現在地から目的地までの案内をやってくれる。

目的地を、Cu Chi tunnel ってやったら、

バス停までの行き方と、バスナンバーと、そのバスが今どこを走っているのかと、

あと何分で来るのかと、所要時間を教えてくれる。


b0183583_00020573.jpg

b0183583_00104570.jpg


13番のバスに乗って、クチで79番に乗り換える。




b0183583_00121522.jpg

79番の車掌か運転手に、クチトンネルと告げておけば、降りる所で教えてくれる。

アプリはGPSで現在地も分かるので、今どこにいるのかも分かる。

アプリは、バスを降りて、目的地まで徒歩の道案内もしてくれる。


朝食を食べて、近くの 9/23 park を9:15に 13番バスは出発して、

Cu Chi ターミナルに10:45に着いた。


b0183583_00363314.jpg

すぐに79番バスに乗り換えて、11:30に クチトンネルバス停に到着。

バスの所要時間は、片道2時間15分ということ。

別に記録してたわけじゃなくて、撮った写真情報から時間が分かるというわけね。


b0183583_00310652.jpg
バス代は異常なほど安い。

ホーチミン市内からクチターミナルまで7,000ドン(35円)

クチターミナルからクチトンネルまで6,000ドン(30円)

片道合計で65円

2時間以上バスに乗ってて65円ばい。

コスパ良すぎやろ。


往復でも130円


b0183583_00383917.jpg

バスを降りたら、クチトンネルの看板があるから1kmくらい歩く。

b0183583_00413468.jpg

途中にゲートがあるから、そこで入場料とガイド料、合わせて90,000ドン(450円)を払う。


b0183583_00445025.jpg

入場したら、ベトナム戦争の歴史やら何やらをビデオで見ていると、徐々に人が集まって、

ガイドの人がトンネルへと案内してくれます。


b0183583_00572346.jpg

ところどころ、狭い入口があって、丸いおばちゃんが穴にはまって動けず大笑いされてました。


b0183583_00505347.jpg
トンネルの中も狭く低いので、中腰で移動するから足腰がパンパンになります。


ベトナム人は小さい、アメリカ人は大きい。

入口や通路を狭く小さくすることで、アメリカ人と丸いおばちゃんの侵入を防いだというわけです。




b0183583_01004791.jpg

マジで楽しい。


b0183583_01125480.jpg
トンネル後半は汗だく、足はパンパン。

最後にキャッサバいただいて終了となります。

昔食べたサツマイモ(今の甘いサツマイモじゃなくて)のような感じ。


b0183583_01144841.jpg
これを蒸して砂糖をつけて食べる。

b0183583_01175246.jpg

銃も撃ちたければ撃てる。


b0183583_01261816.jpg

再びローカルバスでホーチミンに戻ってきたら、すごい人人人・・・。



b0183583_01394348.jpg


b0183583_01405876.jpg

とっても賑やかで、これからすごく発展していく街であり国だと思います。




ベトナムといえば、


中学2年生の時に、地獄の黙示録という映画を見にいきました。

フランシスコッポラ監督の Apocalypse now という映画です。




イントロの Doors の The End

オープニングのこの曲はかなり耳に残っています。

今でもこの曲のイントロやヘリコプターの音を聞くと、この映画のオープニングを思い出します。





もう一つ耳に残っているのが、ワルキューレ。

このシーンは衝撃的でした。

ベトナムや戦争は恐いというよりも、

修学旅行で見た長崎とは違う恐ろしさを感じました。


ワルキューレは、

マイケルシェンカーの日本武道館ライブのオープニングにも使われましたね。

これも衝撃的でした。

この時代、バンドを組んでハードロックをよく聴いてたものです。









[PR]
by school-809 | 2018-05-30 01:47 | ベトナム | Comments(0)

ベトナム ダラット 番外編

ダラットは風光明美で涼しくて、物価も安くて、食事もフルーツもコーヒーも美味くて。

再びの訪問もあるかもしれん。

b0183583_21413379.jpg
b0183583_21460887.jpg



b0183583_23252946.jpg
炭焼きの上に、ライスペーパーに卵を割って伸ばして、

鳥肉のフレークとネギと、魚肉ソーセージにチリソースかけて、

くるくるっと巻いて、100円のローカルフードと50円のビール。




b0183583_21480902.jpg
b0183583_21502464.jpg

大好きな、マンゴー、ドリアン、リュウガン、マンゴスチン、チェリモヤ

なかなか日本で食べれないので、ここぞとばかり毎日フルーツ三昧でした。


b0183583_22000094.jpg
いくつか訪問したコーヒー農園では、栽培について学びました。

栽培条件は、赤道を挟んで北回帰線と南回帰線の間。

日陰を好むため、バナナやマンゴー、パパイヤ、パッションフルーツの混作も見られた。

標高が高くなるほど、味はすっきりし、香りが増し、酸味が冴える。



実は、コーヒー農園巡りは、今回が3回目。

最初がジャマイカのブルーマウンテンで、感動の美味さのあまり5kgほど買って帰った。

ジャマイカのコーヒーは格別で、コーヒーの樽で出荷するのがジャマイカだった。

おしゃれなカフェにコーヒー樽が置いてあると、ジャマイカの風と香りとレゲエを思い出します。

今は、ジャマイカのブルマンは壊滅的なので、代わりにドミニカをよく飲んでます。

カリブ海のコーヒーは、酸が弱めで飲みやすく、ハーブの香りがして甘く上品な味わいだと思います。


2回目がインドネシアのバリ島。

当たり外れが激しくて、ほとんどが不味いんだけど、

この時初めてジャコウネコのコピルアックを飲んで、たぶんロブスタ種だと思うんだけど、

味がどうこうではなく、なんとも言えん芳香が印象に残っています。



ということで、コーヒー歴35年、さらに趣味を極めたいので、

b0183583_22203965.jpg
収穫されたコーヒー豆を選別したり、


b0183583_22234403.jpg
コーヒー栽培のレクチャーを受けながら、焙煎したてのコーヒーを淹れてもらいました。




b0183583_22304479.jpg

すごーく怪しげなカフェにも行きました。


b0183583_22440822.jpg

郊外はコーヒー農園や花卉農園、ライスフィールドも広がっていたり、


b0183583_22461573.jpg

大地色の滝があったので喜んで探検してたら、


b0183583_22522142.jpg
すべって転んで流されそうになった・・。

泳げないし、死ぬかと思った・・。


b0183583_22581443.jpg

全身びしょぬれのまま、隣りの寺で、

E・T やって



b0183583_23032588.jpg

でも、あんまり悪いことやると、


地獄で、刺されて、焼かれるらしい。



こわいよ~











[PR]
by school-809 | 2018-05-22 23:42 | ベトナム | Comments(0)

ベトナム ダラットのコーヒー農園巡りで幻のコピルワクを飲みました

今回の旅の目的、コーヒー農園巡りをしました。

ベトナムのコーヒー産地を調べていくと、ダラット (Da Lat) と バンメトート(Buon Me Thuot)、

この2つの街が候補に上がりました。

どっちでも良かったんだけど、

ダラットのコーヒー農園は、幻のジャコウネココーヒー、コピルアクが飲めるっぽい。

ということでダラットに。


b0183583_21585054.jpg
ダラットのホテルでいくつかコーヒー農園を調べてもらって、いくつもあることが判明。

交通手段としてホテルでバイクをレンタルした。

1日借りて 120,000ドン(600円)、午後から半日だと 75,000ドン(375円)。

3日間で240,000ドン(1200円)でどうかと言ってみたらOKだった。


ダラット郊外は眺めも良く、道も走りやすくて、ツーリングは楽しい。


3日間でいくつか大きいコーヒー農園巡りをしたんだけど、ここが一番オススメです。


b0183583_22142690.jpg

Me Linh coffee garden

ダラット市内から20kmくらい。


b0183583_22191030.jpg

ここの広大な面積のコーヒー農園を見学しました。

b0183583_22335327.jpg

コーヒーの花は、ミカンやジャスミンの花に似てるが、1日しか咲かないらしい。

b0183583_22444987.jpg

赤く熟したやつを手摘みで収穫します。


b0183583_22471619.jpg



その実を、ジャコウネコに食べさせます。

食べたらどうなるか?


b0183583_22490998.jpg



想像通りの形になって出てきます(笑)


b0183583_22513421.jpg

それを、よ~く洗って、乾燥させて、

b0183583_23003787.jpg

皮をむくと、赤味を帯びて腸内発酵してるというわけ。

b0183583_23034717.jpg

ちなみに、普通のアラビカ種のコーヒー豆は、このような緑がかった色をしています。


b0183583_23083160.jpg

手間暇かけて作られた、コピルアク。

日本でも飲める店は限られていて、仮に飲めても1杯3000円以上したりクオリティ低くて本来の味がしなかったり。

ここは、産みたてのフレッシュですから。


1杯60,000ドン(300円)

焙煎豆は、100gで400,000ドン(2000円)だったので、250g(5000円)を購入。

焙煎してない生う○こは、100gで280,000ドン(1400円)、これも250g(3500円)購入。


b0183583_23303519.jpg

コーヒー農園で、取れたてのコーヒー豆から焙煎された、ジャコウネコのコピルワク。

景色もさることながら、ゆっくりと滴るコーヒーを前に、とっても贅沢で優雅な時間が流れます。



強めの焙煎だったので苦いと思いきや、

甘味が口の中に広がり、コクがあって余韻も甘い。

発酵してるので、赤ワインのようなフレーバーを持ちます。

美味い、とにかく美味い。

飲むのがもったいないくらいに美味い。


b0183583_23495804.jpg


2種類買ってきたので、

とりあえず、第1回試飲会をしますね。

興味ある方は、5月19日(土)の午後1時から9時までの間に、塾に来られてください。

ロースト済のコピルワクの試飲会をします。

250gとなりますので、25杯限定です。

無くなり次第終了になりますので、お早めにお越しください。


無くなった場合は、これも幻と言われている、焙煎したてのパナマのゲイシャコーヒーを用意しておきます。



ローストしてない、生のコピルワクは、何かのイベントか集まりの時に披露したいと思います。










[PR]
by school-809 | 2018-05-19 00:09 | ベトナム | Comments(0)

ホーチミンからダラットへ飛行機で移動しました。

ホーチミンから、標高1500mの高原の街ダラットへ移動しました。

ダラットは、ベトナムでも有数のコーヒー生産地です。

コーヒー農園巡りをして、コーヒーの勉強をするのが今回の目的です。


b0183583_22191873.jpg

ホーチミンの気温34℃の蒸し暑さに比べると、ダラットはすごくさわやかな気候です。

夜なんか寒いし。


ホーチミンからの移動は、

昼間のバスで片道 210,000ドン(1050円)8時間

夜の寝台バスで、片道 290,000ドン(1450円)6時間

飛行機で、片道 523,000ドン(2600円)50分


東南アジアのバス旅は何度も経験していて、そのたびに、

極端な冷房、

大音量の現地映画、

クラクション鳴らしまくりの乱暴な運転、

休憩所の汚さ・・・


こういうのが、もうこの歳になるとツライのよ。

ということで、迷わず飛行機を選択。


b0183583_22381522.jpg

プライオリティパスが、ホーチミンの国内線でも使えたので、飛行機にしといて良かった。

無料で飲み食べ放題というのは、すごく魅力的ね。

朝から、「バインミー」というベトナムのフランスパンのサンドイッチを食べて、

b0183583_22474655.jpg

ビール、ワインと何でも美味いし。

搭乗まで飲み続けた。

飛行機にしといて正解やった。



ダラット空港に、ベトナム航空の乗り合いバスが待ってたのでダラット市内へ移動です。

車掌にホテルの場所をスマホで見せたら、運転手がホテルの前で降ろしてくれた。

むっちゃ親切。

バスは、有料道路を含むきれいな道を30分くらいで市内へ、40,000ドン(200円)やった。


b0183583_23064590.jpg

ダラットの眺めのいいホテルに泊まって、ダラっと過ごそうと思ってたので、いい感じ。


b0183583_23353674.jpg

朝食付きで、1泊4$(440円)の安さ。

コーヒーとミントティーは何杯でもOK

ベトナムのフランスパンは、皮は薄くてパリッとしてて、中身はフワフワ、

どこで食べても、冷えてても最高に美味かった。



ホテルから市内中心まで徒歩15分くらい。



ダラット市内は、けっこう楽しい。


b0183583_00205236.jpg

毎日、夜中までナイトマーケットは賑わっているし、


b0183583_23303525.jpg


湖があって、その横にスーパーマーケットと広場があって便利。

b0183583_23364733.jpg
大きくてきれいで品揃えもバッチリ


b0183583_23381562.jpg

標高が高いので、袋はパンパンに膨らんでる。



b0183583_23400434.jpg


この3人が、とても人気者のようで、


b0183583_23485421.jpg

75円で買ってみた



b0183583_23473321.jpg
パンチパーマのドラえもんやドラミちゃんがいた



b0183583_23522978.jpg
いろんな何かが、ちょっとずつ違うような気もしてたんだけど、





b0183583_23550290.jpg

ハローキティ!


ハートにささる



どっち買うか悩んで2つとも買った(200円)

何か、うれしい



うれしくて、値切るの忘れてた













[PR]
by school-809 | 2018-05-15 00:26 | ベトナム | Comments(0)

ホーチミン空港でsimカードを買って、バスで空港から市内へ

今年のゴールデンウィークは、コーヒー修行の為に、ベトナムに行くことにしました。

ゴールデンウィークなので、飛行機の運賃は普段より高めです。


b0183583_23370919.jpg

4月29日から5月7日までの9日間、

福岡からベトナム航空利用の直行便は高かったので、中華航空の台湾経由でホーチミンまでの往復です。

税込 51,540円

3月中の予約だと往復43000円ほどだったけど、色々とありまして直前の予約になったのでこの値段。

b0183583_23384772.jpg

もっと安いのもあったけど、デルタ航空のマイレージ会員なので、

できれば、同じスカイチームのベトナム航空か中華航空あたりで行きたかったのよ。


デルタのマイレージは有効期限がないので、ポイントが失効しないし、

LCCを使うことが多くなったので、LCCでもマイレージが貯まるデルタは使いやすい。


予約はスカイスキャナーでやって、座席も自分でそのままオンラインで指定しました。

seatguru というサイトがあって、飛行機の便名を入れると、座席のレイアウトと快適度が分かります。


b0183583_00084849.jpg

英語だけど、席が色分けされてる。

今回、緑色の good seat は全て埋まっていたので、緑/黄色の席を予約しました。

予想通り、飛行機は満席だったけど、

b0183583_00132084.jpg


おかげさまで、足を延ばせる席でした。

長距離ほど影響するんですよね。

長距離の窓際は、トイレに行くのも機内でストレッチするのも大変だし、

こういう席とか非常口の席だと、隣りの人に気を使うこともなくウロウロできます。


プライオリティカードを持っているので、

b0183583_00201840.jpg
福岡空港のラウンジは無料で利用できました。

b0183583_00200450.jpg

時間が小刻みなので、たまたま合えばというくらいのレベルかな。

飛行機搭乗口の近くで便利な場所でした。

とりあえず軽食と日本酒飲んで搭乗しました。


b0183583_00251861.jpg

機内食は軽めに食べて、



台湾で2時間弱乗り継ぎのため一旦降りて、

b0183583_00293798.jpg

b0183583_00300824.jpg
出発まで、ラウンジで食べて飲んで、

b0183583_00341083.jpg
飛行機でワイン飲みながら映画見てたら、あっけなくホーチミン空港に着きました。


b0183583_00432204.jpg
空港で、ネット使い放題のsimカードを購入。

通信量が5Gまでで 5$

通信量無制限で 9$


ホテルとかでwifi使うなら5Gでも充分なんだけど、

バッテリーの減りも早くなるし、通信が途中でいっぱいになって使えなくなるのもいかんし、

そして使い放題でも1000円弱だし、

容量無制限のタイプにしました。

で、自分のスマホにsimカードをこれに入れ替えたら、すぐに使えた。

そして、速度が日本より速いのよ。

mobifone 爆速で繋がります。


ベトナム滞在中、けっこう山の中とか田舎街とかにも行ったんだけど、

どこでも、サクサク繋がりました。

日本よりネット環境は確実に進んでます。


日本の空港でわざわざ海外でも使えるむちゃくちゃ高いsimカードやルーターを買っていく必要は全くありません。

simは現地で買いましょう。



b0183583_01172891.jpg

空港内の両替所で、とりあえず10,000円をベトナムドンに両替しました。

10,000円が、2,060,500ドンに変身。

すごく金持ちになったような気がします。


日本円に換算するときは、

ベトナムドンの0を下3つ取って、5をかける。

そしたら日本円になります。


b0183583_01535923.jpg


例えば、ビール1本が 12,000ドンだと、0を3つ取って12に5をかけて 60円てな感じ。

物価安いよね。

b0183583_01192458.jpg


ホーチミン空港から黄色の109番バスで、市内の 23/9 park まで、運賃20,000ドン(100円)

23/9 park は、バスの拠点となるターミナルなので、この周辺に宿を取ると便利だと思います。


自分は、bui vien 通りに泊まった。

booking.comで検索して、口コミスコアが高くて、ベッドの質が良さそうな所を選んで、1泊朝食付で6$(650円)


b0183583_01401662.jpg
ロケーション良くて便利なんだけど、

夜中1時を過ぎても、人人人だらけのカオスなストリートでした。








[PR]
by school-809 | 2018-05-09 02:04 | ベトナム | Comments(0)
line

0968-66-1444


by school-809
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31