スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

school809.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:中学入試( 11 )

中学受験説明会を開催しました

連日のワールドカップ寝不足と体力不足で疲れ気味です。

普段テレビは全く見ないのですが、4年に1回、このシーズンだけは特別です。



中学受験説明会を開催しました。


① 学校説明会

② 土曜集中講座の案内、

③ 夏期合宿の案内、

④ 夏期講習の案内、

⑤ 模試の案内、

これらの説明と、これから半年の受験への準備などについて話しをしました。



b0183583_21374216.jpg

玉名附属中学校受験予定者が一番多いので、玉名附属対策を中心とした話しになりました。



① まず、8月2日(木)午前中に体験授業が行われます。

これは、小学6年生の生徒さんが対象で、実際に教室で授業を受けます。

科目も、英語・数学・国語・理科・社会と選べますので、自分の興味のある授業を実際に受けられたらどうでしょうか。

学校の様子も分かるので、是非参加されてください。

申し込みは、学校へ往復はがきかFAXでの申し込みになります。



② 土曜集中講座の案内

玉名附属中学受験に特化した内容になります。

適性検査1・・国語・社会分野

適性検査2・・算数・理科分野

これらのカリキュラムについて



③ 夏期合宿の案内

毎年大好評なんですが、かなり体力も使います。

昨年の様子をリンクに貼っておきます。




④ 夏期講習の案内

今年は、高校受験の生徒と中学受験の生徒の専用時間帯(昼から夕方まで)を設けました。

効率よく集中できるような内容にしたいと思っています。

夏期合宿から、夏期講習へスムーズに入れるよう工夫したカリキュラムになっています。



⑤ 模試の案内

受験は一発勝負なんだけど、やはり練習も必要です。

完全アウェイでの経験を基に、入試までの反省点や改善点を精査していき、

次に活かせるように。




何年も受験を経験していると、確実に言えていることがあります。

学力は、やった量に比例するということです。

できるだけ沢山、良質の問題に取り組むことが、学力向上につながります。



以前、算数の得意な子の特徴や受験算数の心得を書きましたので、よかったらこちらもどうぞ。



中学受験で一番差がつくのが算数です。

この算数が得意分野に変わると先が明るくなってきます。



これから学習塾にとって大変なシーズンになってきます。

休まる暇がないほど。


年々、老化してるし体力も落ちてるし。

上がっているのは血圧と血糖値などという笑えない状況です。


これから受験終了まで、健康に気を付けて乗り切っていこうと思っています。



受験終了まで大変な道のりですが、

保護者様の協力なくては成り立ちません。

家庭でも勉強できる環境、相談できる環境をお願いします。




以下の式は、私の経験で出した式です。



勉強時間×勉強量×反省×積み重ね×経験値×センス×体力×健康×環境×情報力×出会い×やる気×お金=生涯学習量



これらの中で自分ができることを少しずつ上げていくと、学習量は確実に増えていきます。

問題の解決は、今まで学習した中でしか解決できません。


一人ひとりの学習量も、2人・3人・多人数となっていくと、

想像できないくらいの変化が訪れます。


学習を重ねた人と学習を重ねた人が出会うとき、

想像を超えた進化が生まれます。



未来が楽しみです。












[PR]
by school-809 | 2018-07-03 22:53 | 中学入試 | Comments(4)

玉名高校附属中学校に、過去最高の14名が合格しました!

昨年は8名全員合格。

そして今年は、なんとなんと14名が合格しました。

玉名高校附属中の合格者は80人なので、スクール809の占有率は17.5%となります。

2クラスなので、クラスの中にそれぞれ7人ずついる感じですね。


まだ他塾の合格結果を聞いてないので分かりませんが、

おそらく2番目のシェア率になるんじゃないかな。

16名受験しての14名の合格です。

残る2名も、補欠での追加合格をかなり期待しています。



たぶん、県内大手学習塾以上の合格者数と合格率になったんじゃないかな。

スクール809は、かなり良い結果が出た方だと思っています。


b0183583_23020006.jpg

白亜の殿堂でしっかり学んでくださいね。



b0183583_23185823.jpg


来年のNHK大河ドラマの主人公は、金栗四三の「いだてん」が決まっています。

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=12186

玉名高校出身ですね。

玄関前に銅像があります。

来年、こちらでも注目されそうな玉名高校です。



そして、スクール809の今年度の受験のカリキュラムですが、

7月より本格的に受験勉強に入ります。

約半年ですね。

内容も難しくなり、やっていく量も質も受験に向けてどんどん増えていきます。


月に3回、土曜日の午前中に、

玉名高校附属中学校の受験対策コースを一斉授業で行います。

今年の受験生は16名もいたので大変でした。


私の体力にも目の届く範囲にも限界がありますので、定員になり次第締め切らせていただきます。

現在、小学校4年生、小学校5年生から塾に来ていただいている当塾生の受験希望調査を行っています。

その生徒さんたちをまず優先します。

すでに10名以上の受験希望者がいますので、新小学6年生の受験希望の方は、お早めにご相談ください。

新規入塾の問い合わせも連日多く、すぐに定員になると思われます。



新小学4年生と新5年生の時間割は、今のところ平日なら夕方5時からの時間帯で案内できています。

平日夕方6時20分スタートの時間帯は、中学3年生がやがて卒業しますので、そろそろ空きが出ると思われます。

体験での授業も可能ですので、電話かメールで予約をお願いします。


0968-66-1444

nishijima.eiji@gmail.com

スクール809



それと、大牟田中学の入試結果ですけど、

A特待2名、B特待4名、一般合格2名、計8名全員合格です。


明光中学も全員合格。



そして、今日合格発表だったんですけど、

県北では最難関の有明高専の前期推薦入試は、6名全員合格となりました。



みんなとてもよく頑張っていましたので、良い結果につながっています。


受験では、どんな問題が出題されても、何とか知恵を振り絞って、工夫して、答案用紙に対峙していくことが求められます。


記述力や表現力、思考力を身につけることは大変なことですが、

試行錯誤しながら少しずつ経験値を上げていくしかありません。


この努力の積み重ねが、後々の人生において大きな武器になると感じています。


読んでいただき、ありがとうございました。

新しい、良い出会いがありますように。




スクール809

西島英志

0968-66-1444





















第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by school-809 | 2018-01-27 00:27 | 中学入試 | Comments(3)

玉名高校附属中学校の入試に行ってきました

玉名高校附属中学校の入試会場に行ってきましたよ。



実際に自分の目で見てみると、やっぱり違いますね。

中学入試の疑問や不安が少なくなるように、熊本県立中学校入試について書いておきます。


b0183583_20501030.jpg
b0183583_21303104.jpg

集合時間は9時、早く行く必要はありません。

体育館に集合なんですけど、とにかく、むちゃくちゃ寒いです・・。

スリッパ厳禁、上履き厳禁、つまり裸足(靴下だけ)

待ってる間にむちゃくちゃ冷えます。

体育館は全開だし。

それに、8時半とかに行っても寒い中待つだけです。

9時にならないと始まりません。


9時になったら、受験教室ごと、受験番号順に並びなおします。

1教室40人ごとです。


b0183583_21453736.jpg

そして、30分ほど受験について注意事項の説明と確認があります。

9時30分過ぎたくらい、説明が終わって1列に並んで、受験生だけ教室に移動します。


受験に必要なもの以外の荷物(カバン)は、廊下に出しておきます。

えんぴつ、シャーペン、ケースから出した消しゴム、

定規(三角定規)、コンパス、腕時計、受験票、

それ以外の持ち込みはできません。



そして、適性検査1が10時ちょうどに始まります。

今年から、試験時間は45分から50分に変更です。



去年までと少し内容が変わって、

大問1が国語分野

大問2が社会分野

大問3が作文


社会と作文は、いずれも塾でやった内容がほぼ出ていたので、塾生の正解率も高かったようです。

特に作文に関しては、日本の文化や季節行事や収穫祭について作文を書いていたので、

問題を見て少し肩の荷が下りました。



適性検査2

理科の天気は、塾でやった内容がそのまま出たので良かったですが、

相似を利用する問題と、

算数が難しかったですね。

特に図形の2等分線と、集合の問題は正解率が低かったです。



試験中は、保護者控室は図書館となります。


体育館でだいぶ冷えたので、その間、玉名温泉で温まって、

玉名駅にお弁当を買いに行ったら、


b0183583_22354483.jpg

ななつ星が停まってた!

https://www.cruisetrain-sevenstars.jp/



縁起が良さそうなので、とりあえず両手でパンパンして拝んでおきました。



b0183583_22404830.jpg

昼食は図書館や視聴覚教室で、友達や保護者と一緒に食べることもできます。



b0183583_22433644.jpg

そして、午後から面接。


受験生は控室で待機して、自分のグループの時間になると係りの人が試験会場に誘導します。

面接が終わった人から順に試験は終了、各自帰宅となります。

受験番号で終了時間が分かるので、その時間になったら保護者は体育館にお迎えに行って終了です。




今年は受験生が多かったので、例年以上に疲れ果てました。

やった量も内容も盛りだくさんでしたが、

受験に出るのは、その中のピンポイントなんですよね。

たまたまやった所が出たらラッキーなんですが、中学受験はそうじゃないんですよ。


あらゆる問題、どんな問題が出てもいいように対策して、深く考察する。

そしてそれらを文章化する。

多くの事を学び考え、そのインプットされた知識をフルに活用して問題と対峙します。


うまく対話できる問題もあれば、どうにもいかない問題もある。

後で気づくこともあったりとか、

人生も同じなんですけどね。


毎日毎日、高度な問題に触れ、考えて賢くなって、

日に日に成長していったのは事実ですから、

受験をやって良かったと、いい経験になったと思います。

キラキラ輝いていましたよ。


人生12年しか生きてないうちの貴重な1年を、

一緒に成長できたこと、たくさん話せたこと、

楽しく学べたこと、その他色々。


塾なんてたくさんあるのに、わざわざスクール809を選んでいただいたことに感謝します。

ありがとうございました。

そして、受験おつかれさまでした。




また新しい出会いがあるかもしれませんので、

中学受験をしようかと思ってるなら、一度様子を見に来られてください。

見学や体験での授業も可能です。





スクール809

0968-66-1444

代表 西島英志

nishijima.eiji@gmail.com


場所は、グリーンランドの交差点になります。

観覧車とニオーが目印です。


小さな個人塾だし、すでに新小6の受験予定の方もいます。

数人しか受け入れることはできませんので、ご了承ください。

目の届く範囲と体力には限界があります。



合格発表までドキドキですが、

私にできることはやるだけやったので、

あとは祈るだけです。


b0183583_23283048.jpg


神様の種類は問いませんので、

どうぞよろしくお願いします。












第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by school-809 | 2018-01-17 23:42 | 中学入試 | Comments(5)

玉名高校附属中学校の入試は8名全員合格となりました!

熊本県立玉名高校附属中学校が開校してから7年目の入試になります。

7年連続の合格!

しかも、過去最大の合格者数です。

玉名高校附属中学校を第一志望校の生徒さんは、8名。

その8名全員が合格しました。


定員80名なので、8名だと占有率10%

玉名附属中学校合格者の10人に1人は、スクール809出身の生徒になります。


玉名市内の大手学習塾に所属している方が大半だと思いますが、

荒尾市から、しかも個人塾からこれだけ多くの合格者を出せたことは自信に繋がります。


b0183583_20284016.jpg


多くの合格者を出せた秘訣なんですけど、

9月より土曜日の空き時間を利用して、ゼミ形式で授業を進めてみました。


これは以前からやりたくて準備だけはやってたんですけど、大学のゼミ形式のスタイルですね。

これがすごくうまく行ったと思います。

9月からの成績の上昇が半端なかった。


毎年、夏休みに入る前にテストをやるんですけど、

この時点で例年の合格者最低点を超えているのが2名、

少し得点が足りない生徒が4名、

かなり足りてない生徒が2名という状況でした。


夏休みの合宿をスタートにやる気がでてきて


↑ リンク貼ってます


夏期講習のカリキュラムも進めるんだけど、

基礎学力が足りていないので、間違いも多く、進むのも大変でした。


でも、

一生懸命頑張っているんですよ。

一生懸命取り組んでいるんですよ。

時間はかかるけど、やり直しもやるし、

宿題もやってくるし、

テキストも進んでいくし。


こんだけ頑張っているなら、なんとしても合格させてあげたいなと思うわけです。

9月より、多少お金はかかりますが、ゼミ形式の授業を取り入れることにしました。


子どもたちは、親や教師が興味を持っていることに興味を示します。

日々の出来事や、過去の入試問題に接し、対話をすることによって、

持っている知識や能力を引き出し、

自己表現力や記述力を上げていけたと思います。



b0183583_21153537.jpg



今年のキーワードを黒板に書いて置いて意識するようにしました。


例えば、今年4月、熊本県は甚大な被害を受けました。

熊本地震ですね。


こういうのが直接入試に出るわけでは無いのですが、

地震によって地盤が弱まってたり、

その弱まっていた地盤が、台風や豪雨によってさらに被害が広がったりするわけです。

その背景には、森林の役割や環境や他産業との繋がりがあるわけですね。


そして、TPP

熊本県は日本でも上位の農業県でもあるわけです。

影響を受ける人はかなり多いと思われます。


これら観光業や農業、水産業というのは、熊本県の代表産業でもあるわけです。

その代表産業のことを知っておきましょう、関心を持っておきましょう、

人ごとでは無いですよ、

そういうことを言っていると思います。


b0183583_21323053.jpg


実際に出た入試問題を見て、少し安心しました。

この問題だと、今まで学習してきた範囲内で、自分の意見が的確に書けるんじゃないかと思うわけです。


ゼミ形式を取り入れた利点ですけど、


ゼミ形式だと色んな意見が出せたり、

新聞やインターネットで調べたことを話し合えたり、

それぞれの生徒が書いた、記述や作文をお互いに目を通すことで、

他人の主張、自分の主張が、より具体的に論じられていきます。


知識偏重の指導では論理的に考え、意見を出すことはできません。


手間も労力も何倍もかかりますが、

このような指導ができる塾は、スクール809しか無いと思っています。



さらに合格につながったのは、あきらめない姿勢と保護者の方の愛情あってのものですけどね。



玉名高校附属中の難易度はとても高く、

熊本県内では熊大附属中に次いで2番目の難関校となっています。

しかも、県立なので学費もかかりません。


玉名附属中学校は、今年第一期生の大学入試の年でもあります。

今年のセンター入試では、熊本高校、済々黌高校、その次に受験者平均点が高いのが玉名高校でした。

もちろん、第一期生の生徒が平均点を上げたのは言うまでもありません。


中学入試の全日程が終わりました。

時間割に、少し余裕が出てきましたが、


来年度入試の、現小学5年生の生徒さんは、現在入塾待ちの方もいて、募集は2~3名しかできません。

一人当たりに懸ける時間と労力には限界がありますので、ご了承ください。


それに、来年度受験予定の現小学5年生はすでに小学6年生内容を進めています。

受験準備は早いに越したことはありません。

先着順に受け付けますので、決断は急いでくださいね。


新小学5年生と新4年生の募集枠、8名ほどはまだありますので、ご安心ください。


連絡先は、

0968-66-1444

受け付けは、平日夕方5時から10時まで、

土曜日は午後1時から9時まで、


0968-66-1444 でお待ちしております。


メールでの問い合わせは、

スクール809代表へのメール

nishijima.eiji@gmail.com


24時間受付中です。



スクール809

代表 西島英志

荒尾市本井手1561-1

0968-66-1444


b0183583_2249172.jpg



グリーンランドの目の前、絶叫マシーンの悲鳴がBGMの学習塾です。

花火大会の時は、特等席をご用意いたします。

桜の綺麗な名所でもあるので、合格のサクラを咲かせましょう!

スクール809も、たくさんの喜びのサクラ咲く名所にしたいと思っています。



通常の授業料は、週に来る回数で変わります。

週に1回(60~80分)で、月額5000円より。

回数が増えれば割引もあります。



県立八代中学校、

県立宇土中学校を受験の皆さまも、

熊本県立中学校の入試問題は同じです。


大牟田市内からも来られています。



遠方から大変だと思いますが、

JR荒尾駅や大牟田駅からグリーンランド行きのバスが出ています(200円)ので、

土曜日だと来れるかもしれませんね。








読んでいただきありがとうございます。


当塾を選んでいただいた保護者様、

スクール809代表として受験に臨んでいただいた塾生の皆さま、

あらためて感謝申し上げます。


合格おめでとうございます。





スクール809のfacebookはこちら

.


家庭教師の派遣もやってます。





素晴らしい出会いをありがとうございました。

そして、新たな出会いがありますように!



スクール809

西島英志

0968-66-1444

[PR]
by school-809 | 2017-01-23 23:41 | 中学入試 | Comments(8)

中学受験 冬期講習の過ごし方

冬期講習の準備をバリバリやってます。

とにかく冬期講習は、2週間しかありません。

毎年のことながら、あっという間に一日が過ぎて行きます。



年明けの

1月6日に大牟田中学校、

1月7日に明光学園中学校、

1月8日に玉名高校附属中学校、


年を明けると、入学試験が集中して始まります。



b0183583_20452692.jpg



計画的に、日々充実した冬休みにしてほしい。

受験に合格できる自信と実力と表現力を身につけてほしい。

体力、気力、集中力を高め、思いやりの心を身につけてほしい。


そう思っています。


これからの受験直前期に大切なことを書いておきますね。

参考にされてください。



1. 不安材料を減らすこと。


例えば、適性検査の作文が書けない。

算数の問題が解けないのが多い。


こういう悩みがあるなら、その克服に取り組むことです。

冬期講習はまとまった時間が取れるので、少しでも得点になるように向き合ってほしいと思っています。

でも、不安を解消するための最後のチャンスなんです。


過ぎた時間は戻ってきません。

もっと早くからやっておけばよかった・・・とならないように、今すぐ自分の課題を書き出してしまいましょう。

今から入試本番に向けての課題がはっきりすれば、やるべきものがハッキリしてきます。

それを克服するための時間を確保できるように、

日々の時間を大切にし、全力でラストスパートかけましょう。




2. 体調を整えましょう。


インフルエンザ、ノロウイルス、その他いろいろありますね。

手洗い・うがいなどを意識して行いましょう。

免疫力を高めるためにも、早寝早起きや規則正しい生活習慣を整えましょう。


年末年始はテレビの特番などもあって魅力的かもしれませんが、

テレビは受験が終わった後で、一日25時間くらい見れますから。

優先順位は何か、自分が克服しなきゃいかんのは何か、

それがはっきりしているなら、自分がやるべきことは分かっているはずですね。


この時期、誘惑が多いです。


クリスマスは前もってプレゼントリストを作って、玄関など目立つところに置いてておきましょう。

準備の早い計画的な人は、目的が達成される確率もあがります。


忘年会は飲み過ぎ、はしゃぎ過ぎに注意しましょう。

私もそうします。


正月は、旧正月で祝いましょう。

じいさん・ばあさんに振り込み口座を伝えておくと便利かもしれません。




3. スピードアップを意識しましょう。

試験時間は決まっています。

その時間内に解けないとアウトですね。

過去問も、時間を計ってやります。

もちろん、間違ったところのやり直しはしっかりやりましょう。



4. 冬期講習を有効に活用しましょう。

冬期講習は集大成です。

入学試験で最大の表現をするには、良質のインプットが必要です。

これまでに習った知識、経験したこと、それを基に試験ではアウトプットします。


自分がインプットした以上のアウトプットは不可能です。

沢山の良質のインプット量が基本となりますが、

それを最大限発揮できるように、冬期講習で沢山学んでください。


時事に関連した問題も出ます。

試験はその背景まで踏まえて出題されます。

毎年、試験終了後に試験問題を精査するのですが、

あなたたちの将来に繋がることがキーワードになって、問題は作られてます。

なるほどなという良問ばかりです。


日々集中して取り組むこと、授業でやったことの復習を徹底して行うこと。


できるやつは間違いも少ないし、間違えても修正が早い。

そうじゃない人は、地道に時間はかかるかもしれないけど、一つ一つ丁寧に克服するしかありません。


つまり、自分よりできる人よりも、克服するための時間と努力が必要です。


受験までの時間は限られています。

だから今すぐ行動に移す必要があるんです。






中学受験や冬期講習のお問い合わせや、この記事へのご意見などは、スクール809まで。

0968-66-1444

メールは、 nishijima.eiji@gmail.com



スクール809

代表 西島英志

[PR]
by school-809 | 2016-12-13 21:56 | 中学入試 | Comments(0)

四谷大塚の小学生テストの結果が返ってきました

以前は、スクール809でも四谷大塚の小学生テストをやってたんですが、

塾生の人数が多くなってしまい、当塾で行うことができなくなりました。


ということで、大手学習塾に受験をお願いしています。

入試の練習にもなるし、いつもと違った雰囲気も楽しめるようになるし。

外部受験することで、刺激にもなりますし。



b0183583_021646.jpg


まぁ、いつでも復活できるように、四谷大塚グッズは持ってるんですけどね。

今度は11月に予定されているので、その時は、のぼりやポスターを塾に貼ってみようかな。

意識が少しでも良い方向に変わるなら、しない理由は無いですもんね。



b0183583_0284731.jpg



結果は、予想通りかな。。


皆さん、算数は、規則性に弱いですね。

これ大事な単元ですね。

公立の中高一貫校の入試問題に多く出題されます。

規則性のパターン別に、ルールがいくつかあるので、

やっぱり規則性の問題ができるようになるには、

そのパターン別に数多く解いていくのが一番の近道になります。

ひらめく子にとっては他のできない子と差がつくということですね。


学力は、やった数と理解した数に比例しますから。


数多くの問題を解いていると、自分の苦手な、避けてる問題が分かってきますよね。

それらを一つ一つ地道に理解しながら自信がつくまで何度も解きます。


何度も解く、これポイントですね。


解答を写すだけ、これじゃやり直しとは言えません。

分かりますよね。

一回解説を読んだだけでも、理解したとはいえません。

数の流れ、規則性の並びに気付き、それを式で表すことが必要です。

しかも何日か後になっても解けるようにですね。


さらに、スピードアップしながらですね。


スピードって大事なんですよね。


以前ブログで、中学入試の算数について押さえておく5つのことを書きました。

リンクを貼っておきますので、よろしかったらこちらもお読みください。



今回の四谷大塚小学生テストでは、気付いた人がいるかもしれませんが、

後半ほど難しい問題になっています。

同時に時間がかかる問題になっています。

解くスピードが遅い生徒さんは、最後まで行き着かずに終わったんじゃないかな?

今度は、スピードを意識して、時間配分を考えて解いてくださいね。

そのためには、普段の授業や自宅での学習でも、スピードを意識して取り組みましょう。


時間をマネジメントすることは、大人になればなるほど、差がついてくるし、

仕事のできる人、自由に行動できる人ほど身についています。


時間は、残りの人生が短くなればなるほど、大切に重くなってきます。

早いうちから、時間に対する意識を身につけてくださいね。


算数力があると、問題解決能力も増しますし、

よりベターな方向へと多方面から進路を導きます。

数的センスも磨かれ、勘も良くなり、推測や統計にも、金銭感覚にも役立ちます。

生きていくのに有利になりますよ。



現在、夏期講習と夏期合宿に向けて、日程表を作成中です。

今日中に完成させて、25日より、夏期講習と夏期合宿の案内を配布します。


ちなみに、昨年の夏期合宿の様子はこちらから




夏期講習に向けて、新規生徒募集をしたい所ですが、

ほぼ満席になってきてまして、数人しかお受けすることができません。


ご希望の方はお早めに。


0968-66-1444

スクール809




Facebookはこちらから



ついでに


twitterはこちらから。

[PR]
by school-809 | 2016-06-24 01:02 | 中学入試 | Comments(0)

玉名高校附属中学校に5名合格しました。

玉名高校附属中学校の入試の難易度はとても高くて、

荒尾市内の各学校からの合格者数も、0~5名ほどです。


ということは、各学校で上位5番くらいまでにいてくださいね~ということです。


入試は、国語・社会分野の適性検査1(80点満点)

算数・理科分野の適性検査2(80点満点)

これに、面接と内申点が加算されて、合計の高い人から合格します。


塾でも、入試直前期は毎日のようにテストを繰り返し、

成績表を作成しています。

やはりですが、そのテストの得点が高い順に合格します。


熊本県の県立中高一貫校の入試は、得点開示の制度があるので、

自分が入試本番の適性検査1・2の合計で何点取ったかが分かります。


面接と内申点は開示されません。



塾の成績表は見事なもので、

成績順に並べてるのですが、入試の適正検査の得点も、ほぼその通りの順です。


今年は5名の合格でした。

昨年は6名受験で全員合格だったので、昨年より少ないですが、

小6最初の段階での学力は今年の生徒達の方が低かったので、

よく健闘してくれたと思っています。



合格者より得点が取れていても、不合格の人もいます。

ということは、面接でうまくアピールできなかったり、学校の成績が良くないということです。

内申書は、小学校5年生と6年生の成績表が受験校にいきます。


受験を考えている人は、小学校5年生からは、日頃の行いを良くしましょう!

学校行事も積極的に参加するように。




一応、責任を取って、頭を丸めました。


b0183583_18585212.png


昨年、スペインに行く前に、美容師の方に

「スティーブジョブスみたいにしてください!」

ってスマホで写真を見せてお願いしたら、


「ようするに短めのボウズですよね?」

って言われて、カット料金は、1500円でした。




今回は、

「短めのボウズにしてください!」

ってお願いしたら、


料金は680円で、同じ髪型になりました・・。
[PR]
by school-809 | 2016-02-08 09:00 | 中学入試 | Comments(0)

熊本県立中学入試問題がズバリ的中しました!

玉名高校附属中学校の入試問題が的中しました。

割りとよくあることなんですけど、

入試前日に再確認としてやった問題が、入試本番で出てくるんですよね。


ズバリ的中!ってやつですね。


今年も入試前日に最後の追い込み授業で取り上げた問題が、バッチリ出ました。

入試前日は、この一年受験勉強を通して気づいたことや、

最後にこの問題をもう一回復習しておこうという内容を押さえます。

ほとんどカンの世界なんですけど。


今年の入試ではですね、


適正検査Ⅰの1番の問題から的中したから、実際入試問題を目にした受験生はテンション上がったことだと思います。




正式名称は、熊本県立中学校入学者選抜試験です。


対象になる学校は、

熊本県立玉名高等学校附属中学校、

熊本県立宇土中学校、

熊本県立八代中学校の三校です。

この三校は、同じ日に入試があって、入試問題も共通です。


例年、志願者が多く、入試の難易度はかなり高めです。

とにかく記述量が多いので、論理的に説明する能力、

統計や資料を読み解く能力、

短時間で問題を解くスキル、

熊本から世界を、世界から熊本を客観的に分析できる能力が求められます。





今年の適正検査1の最初の問題がコレですね。


b0183583_2249366.jpg



分かりにくいでしょうから、拡大しますね。


b0183583_2250266.jpg


ノルマントン号事件が起こった年代と、

この事件をきっかけに、どのような動きが起こったか、

また近代化を支えた殖産興業とはどんなものか、

そういう出題でした。


そして、前日の追い込み総まとめ授業で取り上げたのがコレ。


b0183583_032428.jpg


ズバリ的中ですね。


入試前日に説明した内容が以下のこんな感じです。


ノルマントン号事件では、イギリスの船長と船員はボートで脱出して無事だったのに、

日本人の乗客25人は全員亡くなってしまいました。

治外法権により、船長はほとんど罪に問われません。

このため日本では、治外法権を撤廃し、日本の法律で外国人を裁判することを望む声が大きくなるわけです。


治外法権とは、外国人が日本の法律に従わなくてもいいという権利です。

同時に知っておくことが、領事裁判権ですね。

領事裁判権とは、外国人が日本の裁判をうけず、自分の国の裁判を受ける権利です。


明治政府は、江戸時代に結ばれた不平等条約を改正しようと努力します。

不平等条約を改正するためには、近代化することが必要になってくるわけです。


その近代化を支えたのが、昨年世界遺産に登録された、

明治日本の産業革命遺産となるわけです。


富岡製糸場を始めとする製糸業、紡績業が輸出産業として栄え、

日清戦争の賠償金で官営の八幡製鉄所が作られ、

近くの筑豊炭田の石炭と、九州に近い中国から輸入した鉄鉱石から鉄鋼の生産が始まります。

三井・三菱・住友などが経営し、財閥へと成長していきます。


明治政府が推し進めたのが殖産興業です。

欧米から機械や技術を取り入れて、近代的な産業を育てる政策ですね。




b0183583_23511326.jpg


だから、大牟田や荒尾の三池炭鉱施設もイギリスの機械が導入され、

レンガの建物も、イギリス積みで、現地そのままの技術が生かされているんです。



受験が終わった生徒に、

入試で気づいたことを書かせたら、


b0183583_039205.jpg


やっぱり、分かってる子は分かってる。


みんな合格してほしいな。



毎年ながら、熊本県立の入試問題は、よく研究されていて、いい感じの問題が出題されます。


今年の問題も、こういう問題が出て欲しいなと思ってて、

そういう問題の対策をしていたら、見事出題者と気が合ったという感じです。


出題者の方と、一度サシで飲んでみたいものです。

きっと盛り上がりますよ。


実際、

受験勉強を通して気づいたことが山ほどありますので、

教育委員会とか、荒尾市長とか地方自治体の首長とか、

意見交換する機会があればいいなと思ってます。

そう思っていれば、いつかは熊本県知事やくまモンと話す機会があるかもしれんですし。

どこでどう繋がるか分からんですもんね。

入試問題についても意見があってですね、そういう話しもしたいと思ってますので、

この記事をお読みになった方々の中で、何やら少しでも興味をもたれた方がいましたら、

下記まで連絡をしていただけたらと思っています。

子供達の未来がもっと広がる、熊本がもっと元気になる、

そんな未知なる可能性が、想像を超えて立体的に広がる気がしています。


スクール809 西島英志

0968-66-1444

nishijima.eiji@gmail.com



[PR]
by school-809 | 2016-01-19 01:02 | 中学入試 | Comments(0)

玉名高校附属中学校の入試が終わりました。

今年の最初で最大のヤマ場である、中学入試が終わりました。


今日は、玉名高校附属中学校の入試です。

昨日は、最終調整で、昼過ぎから夜までみっちり、みーっちり頑張りましたよ。


b0183583_11284217.jpg


玄関には、入らないほどのカラフルな靴の数々。


通常授業の生徒さんも、中学受験組に協力してくれて、座席を融通してくれて、

とっても集中できる環境を作ってくれました。


みんな、ありがとうね。



保護者の皆さまも大変お世話になりました。


連日の送迎、家庭内での学習環境の確保、金銭面での負担など、大変だったと思います。

私も子を持つ身なので、よくわかります。

私にも、できる限るのことは最大限頑張ってやりました。

これからも、お子様への支援とご協力をお願いいたします。



年々体力が落ちていく中で、今年の入試が一番きつかったとです(なぜか、ヒロシ風・・)。

今日はこれから、温泉に癒されに行ってきます。

しばらくリハビリが必要な感じです。


これから、大学入試センター試験、高校入試とまだまだ続きます。

今日一日ゆっくり癒されて、また明日から全力で走ります。




b0183583_1158552.jpg


そして、受験生のみなさま、お疲れ様でした。


毎日、よく頑張りましたね。

この数日だけでも、ずいぶん学力が向上したのがはっきりと表れています。

一年前に、今日の入試問題を解いても全く解けなかったと思います。


毎日の努力で、入試問題に向き合えるほどの学力が確実についてきました。

成績表を見れば学力の推移が分かります。


日々、問題が難しくなっていく中、一つ一つ課題をクリアしていって、

苦手分野にも向き合い、

日々問われている問題や課題にも積極的に取り組む姿勢が見られました。

間違えた問題にも、何度もやり直して、解けるようになってきましたね。



目標を持って行動する、自分から進んで取り組む、そういう姿勢を忘れないでください。

これは、受験を通して、私が一番伝えたかったことです。



それと、勘違いしないでほしいことがあります。

受験勉強の終了は、勉強の終了ではありません。

よく聞く言葉に、受験が終われば遊べるから、

もう勉強せんでもいいから、

こういう勘違いの言葉を耳にします。


とっても残念なことです。


せっかく受験する機会にも恵まれ、たくさんの努力を重ねて、

ようやく学習する習慣がついてきたのに、それを棄てるというのですか。


入学試験は、学ぶことに対する入口を開かれたということです。

学びは、一生続きます。


それは、人として進化し続けるということです。


その進化を支えるには、知識が必要です。

多くの知識が無いと、考える力は身に付きません。


知識は、日頃の小さな努力の積み重ねで、少しずつ身についていくものです。

あまりにも小さいと感じることから、日々の努力も忘れてしまう日もあります。

しかし、続ける努力というのを失わないでほしいと思っています。

夢を追い続けてほしいと思っています。


受験をできたあなたたちは、とっても恵まれた環境にあって、

それはとってもありがたいことなんだと気づいてくださいね。

それは、あなたたちが、多くの人に支えられて生きているということです。


世界中でも、そういう恵まれた環境の下でチャレンジのできる子どもたちは、

ほんの一握りの人しかいません。


恵まれた環境に感謝する気持ちを忘れずに、

関わってきた人にも感謝して、

時間を無駄にせず、

日々を一生懸命に生きてくださいね。



応援していますから。
[PR]
by school-809 | 2016-01-10 12:04 | 中学入試 | Comments(0)

中学入試の算数について押さえておく5つのこと

算数の得意な子は、合格する可能性がぐ~んと高くなります。

小学校5~6年生の受験勉強期間の中で、一番差が出るのが算数ですね。

算数の得点差が一番大きく出るということは、算数が解けるかどうかが、合否を左右するということです。


中学入試によく出る単元は、

割合、比、速さ、仕事算、つるかめ算、相似の図形、空間図形、規則性など。

これらの良問をじっくり多く解くことで、算数力は確実にアップします。

どういう問題を解いたらいいか分からない、

そういう時はスクール809に相談してくださいね。

電話だと、 0968-66-1444で、

メールだと、nishijima.eiji@gmail.com です。


学力や志望校、学年によって多少差はありますが、最適な提案をいたします。



算数攻略に必要なスキルは、以下の5つです。

押さえておくべき5つのポイントです。


これらを念頭に置き、算数に取り組むわけですね。

そういう心構えが無いと、なかなか身に付きません。



1.速さ

計算のスピード

問題を理解するスピード、

問題を解くスピード、


算数ができるヤツは、間違いなくこれらのスピードが速いです。

速いだけで財産です。



2.ひらめき

図形の問題では、ひらめきが左右します。

どの角とどの角が同じなのか、

どこを置き換えたら、どこと一致するのか、

どこに補助線を引いたら解決するのか、

一瞬のひらめきでスラスラ解く人もいれば、フリーズして止まってしまう人もいます。

正解に辿りつく道も、一つとは限りません。

数多く解いていく上で、処理がデータベース化していくと、できる問題も増えていきます。


ためしに、小学4年生のテキストの問題を解いてみませんか?

b0183583_2233319.jpg

(小学4年・四谷大塚テキストよりラサール中学入試問題)

答えを知りたい人は、メールで返信します。

nishijima.eiji@gmail.com



3.量

学力は、やった量に比例します。

理解した量に比例します。

数多くの問題を解いた人は、正解のデータベースを数多く持っています。

ということは、今まで解いた問題の数が多いほど、解決法も分かっているということです。

経験ですね。

量をこなすには、時間が必要ですが、

速く解ける人ほどその時間も短く、労力は少なく済みます。

速く解ける人が断然有利ですが、スピードがそれほど無い人でも、

時間をある程度かけて少しずつ解決していき、記憶に定着させると、データベースは確実に増えます。

正解率を上げることによって、カバーできます。


b0183583_2321723.jpg

(小学校3年生・四谷大塚算数テキストより)

こういう問題も最初は時間がかかりますが、コツをつかむと簡単です。



4.継続性

地味なんですけど、繰り返し学習を継続する姿勢ですね。

次から次に問題を解いていっても、やり直しをしっかりやらないと効果はでません。

よくあるパターンですけど、問題を解いたあとにマル付けをして、

赤ペンで解答を写しているだけの人がいます。

解答を写しただけでは、身になっていません。

解けるようになっていません。


やり直しというのは、解き直しです。

間違えた問題を何度も解く。

特に過去問演習の時期は、とっても大事です。

その時期に繰り返し学習ができるように、やり直しで学力が定着できるように、

そのための訓練として今の学習があるんです。

少しずつでもいいから、確実に完璧に解ける問題を増やしていく、そんなイメージです。


実際に入学試験を受けるのは生徒さんです。

自分で解けないと意味がありません。

聞いて納得、見て納得、それだけじゃ足りません。


自力で解けて、ようやく解決です。



5.楽しく

算数は、センスってのが大事だとすごく思うんですけど・・。

せっかく身に付いたセンスは、使わないと錆びてしまう、そう感じています。


ファッションやインテリアでもセンスのいい人はいますよね。

それは、毎日意識して情報収集して自分に取り入れ、

鏡の前で自問自答しているから磨かれるだと思います。


算数や数学も同じです。

毎日解いていると、センスは磨かれます。

そして、美しい答案が作れるようになります。

そうなると楽しさもアップしてきますよ。


算数のセンスのいい子の答案は、見ていて美しいと感じます。

一瞬、見ただけで、

「お~っ!これ合格!」

って感じです。


一日では身につかないことでも、1年あれば違います。

やっぱり続けられるかどうか、日々の積み重ねが大事なんですね。


これらは、第一志望校に合格していく子供たちを見ていて感じることです。

今年もスクール809の卒業生が、佐賀大学医学部と長崎大学医学部に合格したと報告がありました。

5年連続で、医学部に合格です。

彼らの算数の答案は字は下手だったけど、ストーリーがあって美しかった。

これら、5つのポイントを全て押さえていました。

やはり、小学校の時に身に付いた習慣は、一生の財産になると感じます。




[PR]
by school-809 | 2015-04-14 23:09 | 中学入試 | Comments(0)
line

0968-66-1444


by school-809
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31