スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

school809.exblog.jp ブログトップ

今年の玉名附属中学・大牟田中学の入試を振り返って 塾の選び方

今年の中学受験の全日程が終了しました。

かなり疲れが残ってて、心と体のリハビリ中です。

大牟田中学校は11名全員合格で、特待Aが1名、特待Bが5名、一般合格5名でした。

玉名高校附属中学校は、昨年の14名合格に次ぐ合格者数で、2ケタはキープできています。

定員80名の狭き門だし、大手塾がひしめいている競争の激しいところで大変なんですが、

まだこれから何名かは、補欠合格の連絡があると思うので、まだ確定数は出していません。

b0183583_22490743.jpg

例年、中学入試が終わるこの時期、塾への問い合わせが増えてきます。

今回は、塾選びについて、今までの経験から学んだ上での視点で書いてみます。


お母さん達のコミュニケーションの中で、

「どの塾が一番いい塾か」

という話しがされると思いますが、私はその答えは無いと思っています。


なぜかというと、万人に合う塾は無いからです。

では、どういう選び方をするかと言えば、

「どの塾が我が子に合うかという視点で判断します」


子供さんの性格はみんな違います。

集団の中で力を発揮する子もいれば、

一人でコツコツ問題に立ち向かう子もいれば、

親が横にいないと全く勉強が進まない子もいます。


中学受験に限っていえば、

明確な志望動機があって、

集団の中で競争しながら競い合って、それぞれの短所を自分で認識し、

それをどうライバル達に近づいていくか、また追い越していくか、

間違えた問題をほったらかしにせず、やり直しがしっかりできて、

知識の積み重ねを楽しめたり、行動の変化を楽しめる人が志望校合格に近い場所にいるような気がします。


私は、熊本大学で、吉田道雄教授のグループダイナミックスという学問を学びました。

それは、集団力学とも言われますが、集団との関わりを通して人間を理解する学問です。

全ての人間の行動は集団の中で行われています。


実際に子供たちと一緒に勉強に取り組んでいると、

子供たちは、集団の中で、生き生きと行動します。

例えば、夏の合宿。

今まで学校も違う知らない人たちと、一緒にご飯を作ったり食べたり、

一緒にトランプやウノをやったり、遊びを創りだしたり、

自分たちの学校で流行ってる遊びを教えあってやったり、

体育館でバドミントンやバスケットをやったり、プールで泳いだりすると、

実に、生き生きと、伸び伸びと工夫して遊んでいます。

内気だった子も、いつのまにかみんなと笑顔で遊んでいます。

そして、勉強の時間になると、お互いに教えあったりしています。


土曜日に行ってきた玉名附属受験対策講座も同じです。

自分の成績表を、集団の中での位置づけを知ることで、自分の課題が見えてきます。

自然と競争が生まれます。

他人との競争の中で、子供たちの意欲や満足度は変わってきます。

行動を変える意思表示を他人に対して行うと、達成度は変わってきます。




自分に足りないものを、集団は気付かせてくれる。


集団で学ぶ意義は確実にあると言えます。


塾では、集団で競いあうようにしてきたつもりですが、どうしても苦手科目や単元にぶち当たると、

先に進めなくなってしまいます。

それを補うのが個別での指導になります。


割合の問題がどうしても解けない、図形の目のつけどころがピンとこないなど、

具体的な苦手がはっきりしている場合、個別での指導が有効になります。

だから、通常の授業では、解らなかった単元のやり直しを何度もやったり、

苦手科目を中心に、その子に合った、その子に必要な勉強をやっているつもりです。

場合によっては、塾の先生を家庭教師に派遣することもあります。

塾の卒業生の大学生を派遣しているのですが、

塾のことも熟知しているし、彼ら自身受験を乗り越えてきたばかりだし、

私との信頼関係もできているし安心して任せています。

親にも言えない相談も親身に聞いてもらえたり、

兄や姉のような心の支えになっているかもしれません。


今年の受験生達も、1年前は、玉名附属中の入試問題は全く解けないレベルでした。

理解力も理解度も個々人違います。

今回、残念ながら不合格だった子たちも、

この1年を通して、物事を多方面から見ることができたり、

自分自身の行動に責任を取れるようになったり、

勉強の習慣がついたり、

大きく成長したのは事実です。

ご家庭でも誉めてやってください。

期待に添えなかったことは非常に申し訳なく責任も感じております。

しばらく胸にモヤモヤした気持ちが残ると思いますが、

前向きに進まないと後悔だけが残ります。

新しい視点をもち、この経験も生かしてほしいと思っています。

中学受験で、生きる力のヒントを得たと思っています。

知識もどんどん増えていきました。

解く技術もだいぶ向上していきました。

身に付けたそれらを、今後生きて行く複雑で難解な社会で、あなたなりの正解に導いていく源になったと思っています。


私も受け止めていきます。

いつでも相談に乗ります。



中学受験が本格化するのは、6年生の6月からです。

6月いっぱいまでに、6年生のテキストが一通り終わってないと、中学受験用の難しいテキストを進めることができません。

すでに今の5年生は、6年生のテキストをどんどん進めています。


今までは、中学受験コースの参加は基本的に全員受け入れてきましたが、

今年は基準を厳しくしようと思っています。


6月までに6年生の基本テキストが終わってない子は、受験コースに参加できないこととします。

中学受験の志望理由がまとまっていない子は、受験コースに参加できないことにします。

課題を提出しない子、期限を守らない子は、受験コースに参加できないことにします。

6月に行うテストで、基準点に達していない子は、受験コースに参加できないことにします。


もちろん、上記のことがクリアできるように塾でも対処しますが、

ご家庭でも、保護者の方の協力がないと中学受験を乗り切ることはできません。

思った以上に大変なんです。


保護者の方も受験直前期になると不安になると思います。

保護者との対話も重視していきたいと思ってますので、いつでも見学やお話しに来られてください。

だいたい、良い習慣が付けば、自然と成績は伸びていきます。

でも、塾・家庭・学校、それぞれの学習で、このどれかが欠けるとなかなか伸びませんから。


モチベーションが低いまま参加されても、合格への道のりは遠いと思いますし、

目的意識の無いまま参加されても、

宿題はやってこないし、

テキストも進まないだろうし、

家庭学習もできないだろうし、

学校の成績も上がらないかもしれません。

そして、志望校に合格できないかもしれません。



私も、今年の中学受験では、

体力・気力・努力

全て使いはたしました。


夢で算数の問題を解いて解説していたり、

不整脈や喘息の悪化で眠れなかった事もあったし、

体力・気力・努力にも限界があることを知りました。

時間も、命も、限界があることを知りました。


ご理解ください。




中学受験を考えられている方は、下記までご連絡ください。

少人数の個人塾なので、受け入れは数名しかできません。




メールなら、 nishijima.eiji@gmail.com (24時間)

電話なら、0968-66-1444 (平日夕方5時から10時まで、土曜午後1時から夜10時まで)

代表 西島英志



知らなかったことが発見できたり、

疑問に思ってたことが理解できたり、

新しい視点で物事を発見できたり感動したり、

学びを知り、知識を意識や行動につなげていくことができると、もうわくわくが止まりません。


知的に進化し、新しい視点を持ち、楽しく学べる場を目標にしています。




素晴らしい出会いになりますように。


スクール809
 西島英志




ちなみに、去年の実績はこちら

     ↓





# by school-809 | 2019-01-26 01:29 | 中学入試 | Comments(0)

iphone6のバッテリー交換の修理依頼をしたら・・

海外で使用することがあるから、普段使いのスマホはSIMフリーのアンドロイドを使ってます。

asusのzenfone maxというやつで、デュアルsim、SDカードも付けれるし、

バッテリーの持ちが非常にいいのよ。



それまで使ってたiphone6は、バッテリーの不具合があったみたいで、バッテリーの持ちがかなり悪かったから、

モバイルバッテリーを一緒に持ち歩かんといかんし面倒やった。

だから、普段使いはバッテリーが強力なアンドロイドを使ってる。



年末までアップルで、iphoneのバッテリー交換を格安でやってたから一応申し込んでみた。

自宅まで取りにきてくれて、送料込3200円やった。


b0183583_09420303.jpg

そして、送り返されてきたiphone6

えっ、

むちゃくちゃ綺麗やん・・・!!


b0183583_00490287.jpg

それもそのはず、

なんと、新品が送られてきた!



マジすか、apple!

そんな太っ腹でいいのかよ!




それを息子に報告したら、ヤツもiphone6持ってるので、それもappleに送ってみることにした。

ヤツのiphoneは傷だらけで、少しヒビ割れてる。


でも、その傷だらけのヤツのiphone6も、


b0183583_00584866.jpg

新品になって戻ってきた!

apple 神だわ!!



今までは、サブ機としてiphone6を使ってた。

街歩きをするとき、google mapで現在地を確認しながら移動したりするので、

その時に、写真を撮ろうと思った時に、いちいちカメラアプリと切り替えたり、

音楽プレーヤーを聴いてる時に、音楽が中断するのも面倒なので、

カメラや音楽プレーヤーとしてiphone6を使ってた。

それか、バイクのツーリングに行く時に、ハンドルに固定してナビ代わりに使ってた。



それが、バッテリー問題も解決されたピカピカの新品が送られてきた。


メインのスマホに格上げしてもいいかも。


b0183583_01361530.jpg
今度の更新月の時に、

LINEモバイルのSIMカード入れて使ってもいいかな。

そしたら、通話込みでも月に2570円で済む。


アンドロイドを海外SIMフリー端末として残しておいて、そっちを普段は音楽プレーヤーとして使うとか、

家族の誰かが新品iphone6を使うとか、

急に、どう使おうか贅沢に悩む存在になったし。



自作した塾のwindows7のパソコンも、いつの間にか8年も使ってるし、今年買い替える予定なのよ。


appleにここまでしてもらったので、


塾のパソコンもmacにしようと思います!





# by school-809 | 2019-01-21 01:57 | 趣味 | Comments(0)

一日1パーセントの進化を記録する

ソロキャンプに行ってきた。



b0183583_21494057.jpg



基本的に朝は苦手なので、なかなか日の出を見る機会は少ないのよ。

我が家から見る日の出も絶景なんだけど、

めったに見ないので、たまに見る日の出は神々しい。

しかも、非日常な景色の中だから、よけいに特別感が漂う。



ソロキャンプは、しかも冬のソロキャンプは、寂しくないの?

と、よく聞かれるけど、

夏のキャンプは、暑いし、ベトベトするし、キャンパー多くてうるさいし、虫も多いし。

それに比べると、冬のキャンプは風さえ無ければ、かなり快適。

気温は寒くても大丈夫。

ダウンジャケットを着込めばいいし。


変な人やうるさい人もいないし安全だし、キャンプ場を贅沢に一人占めできる。


日の出も遅いし、静かだし、ぐっすり寝れる。



電波の届かない所なら、なおさら一人を満喫できるし、

電波の届くエリアなら、時には友人と一緒にキャンプしてるような会話やLINEもできる。


夜が長いので、じっくりと自分に向き合うこともできるから、

今年一年の野望というかプランというか、目標というか、

そんなやつを考えてみた。



平成31年か。

あっという間に年を重ねていくな・・。


人は、一日1パーセント進化するとどうなるんやろ?


1月1日に、100の力を持ってたなら、

1月2日は、101になる。

1月3日は、101に対しての1パーセント増しなら、102.01

1月4日は、102.01に対しての1パーセント増しなら、103.03

最初は、じわじわ増える感じなんだけど、

毎日1パーセントずつ複利で進化していくと、

エクセルで計算してみたら、

71日目に、200を越えて、

141日目に、400を越えて、

233日目で、1000を超える。

そして1年経つと、3740にもなり、元の37倍にもなる。

そして、スタートから2年経つと、141345となり、1400倍、

3年経つと、5340512となり、元の53405倍、

どんどんどんどん複利で進化していくと、加速の度合いがさらに急上昇していく。

10年後とか、30年後とか、数え切れないほどの大きな数字になってると思う。


どういうことかというと、

早く始めれば早いほど、

進化の度合いが加速度的に進んでいくし、伸びしろも大きい。


何事にも、スタートするのは早いに越したことはない。

ということで、目標は一日1パーセントずつ進化していくこととしました。

忘れないように、今日何を進化させたか、毎日記録していくことにした。



以前と比べると、何事も

急速に変化してると感じてる。

その中でも、その人がどんなスキルを持っているか、というよりも、

新しいものを学ぶ力やチャレンジしていく力、それらを身につける力が必要だと感じてる。


今、何かに取り組もうと思った今がスタートだし、

今からでも1パーセントでも進化していけば、経験値は複利で増えていくから。

学べば学ぶほど、新しい発見もあるし気付きもあるし可能性も広がっていく。


1本の鉛筆から、

1本の線がノートに描かれ、

キャンバスに彩られ、

スクリーンに映し出され、

街中や広大な景色の中に繰り広げられ、

国境を超え旅し世界に無限に広がっていく。


新しいものを学ぶ力は、

新しい視点を持てる力だ。



あらゆる視点で物事を見ることができれば、

視野はさらに広がっていく。

自由とは、そういうものであると感じてる。




b0183583_22365372.jpg


朝目覚めたら、朝焼けの中、絶景が広がっていた。


お湯を沸かして、自分で焙煎したパナマのゲイシャコーヒーをドリップで淹れる。



こういうのも、たまらない贅沢だと感じる。






# by school-809 | 2019-01-08 01:38 | 自宅にて | Comments(0)

天空の城 台湾のマチュピチュ

勝手に命名しました。

台湾のマチュピチュ。


萌え萌えします。


b0183583_09431690.jpg

路地裏トレッキングしながら、汗かきながら結構歩いて勘で辿り着いた。

飲み物持たずだったから、喉がかなり乾いた。

誰とも会わないし、飲み物の自販機もないし。


でも、

この景色が見た時に、あっ マチュピチュだー!って思ったもんね。

個人的には、雰囲気似てると思う。

規模と歴史と知名度は違いすぎるけど。




ちなみに、

本家のマチュピチュはこれね。


b0183583_10345770.jpg
これは、私の父母が20年前に南米のペルーに行った時に撮影したやつ。

母親のアルバムから拝借しました。


うちの母は、定年退職後、国内外問わず旅していて南極以外の全ての大陸を制覇してる。

その母が、今までに行ったところで、ペルーが一番感動した所らしい。

だから、俺も体力のあるうちに行こうと思ってる。





今回、九份に行くことが目的で、それ以外予定もなかったし、

どこ行こうかな〜と地図を見ていたら、

「天空の城 十三層遺址」

っていうのを見つけた。

素晴らしいネーミングじゃねえか。

行くしかないな。


九份の宿で、十三層遺址ってどうやって行くの?と聞いたら、

そこのバス停を指差して、「台湾好行」ってバスで金瓜石を通って行くらしい。

バス停に着いたら、いきなり台湾好行と書いたバスがやってきたから、運転手に、

「十三層遺址」と書いた紙を見せたら、OK ということやったから乗り込んだ。


b0183583_11222756.jpg
九份は山の上の方の街だし、そこからは狭いくねくねした山道を海まで下りていく。


b0183583_11332700.jpg

海まで下りていく眺めはずっとよかった。


海まで下りたところの、広い駐車場の所でバスを降りた。


b0183583_11373957.jpg
見上げると、廃墟が段々に。

九份や金瓜石やこの辺りは、金鉱山で栄えた街。

この十三層遺址は、精錬所の跡らしい。



b0183583_11483494.jpg

b0183583_11521631.jpg

もうちょっと近づきたいので、

b0183583_17230310.jpg
海を見ながら、路地裏を登っていく。


b0183583_17251592.jpg

誰にも会わないから不安になるけど、道があるから進んで行った。


b0183583_17303096.jpg

水を持ってないから、喉カラカラ。

心臓破りの階段が続く・・。


b0183583_22452760.jpg

最後の階段を登りきったら、



b0183583_23042944.jpg
絶景が広がってた。

これ、下からずっと歩いてきたのよ。


b0183583_23132735.jpg

かっこいいな〜。

しばし見とれてた。


これ、ドローンとかやったらかなり近づいて撮れるよね。

マジで、ドローン買おかな。


でも、下手なうちはどこかに飛んでいって見失って、

ドロンと消えるかもしれんけど。

楽しそうだし、調べてみよかな。

おすすめ機種あるなら教えてください。


上楼まで近づいていった。

b0183583_00304132.jpg

インスタで検索してみると、この先っぽを歩いてるやつがいるし。
落ちたら死ぬ高さなのに。


一応、インスタグラムのアカウントも持ってます。



b0183583_00332280.jpg
廃墟マニアにはおすすめ


b0183583_00352589.jpg

b0183583_00390657.jpg

外回りをぐるっと一周した。


b0183583_00424778.jpg
黄金瀑布まで出たら、猴硐(ホウトン)行きのバスが来たので乗り込んだ。


b0183583_00551791.jpg
かつて、炭鉱の街として栄えた街なんだけど、


b0183583_01000999.jpg

今は、猫村として有名になってる村に着いた。

おしい、808だ。


b0183583_01031768.jpg


村中、いたるところに猫がいる。

その辺全部が猫カフェみたいな村。


b0183583_01065218.jpg
店番や、


b0183583_01085043.jpg

店長も猫でした。



その昔、金山で栄えた九份という街は、ノスタルジックな街として世界中から観光客を集め、


かつて炭鉱で栄えたホウトンという街は、

猫村として癒される村となって再び栄えてた。



かつて炭鉱で栄えた、大牟田や荒尾の街は、

今後どうなっていくんやろな。


衰退している市が再び脚光をあびるヒントや道は、

世界中にいっぱい転がってるんだけど、

その街に住む住民や市の上層部や議員、

これらの視野や視点と意識と知識が広がって変わらないと変化しないのよね。







# by school-809 | 2018-12-17 01:26 | おでかけ | Comments(0)

台北から九份へ 電車とバスで

台湾の代表的な観光地だと思う。

九份(ジウフェン)に行きました。


台北駅から特急電車で瑞芳(レイファン)まで行って(76元=290円)、

そこから、金瓜石行きバス(15元=57円)で、九份派出所で降りて歩き回った。

旅の荷物はいつも少ない。

今回はTシャツ、下着、靴下、それぞれ2枚、スマホ、コンセント、充電コード、タオル、洗面具、パスポート、財布のみ。

だから、小さなリュック一つだけなので、歩き回っても大丈夫。

荷物の多さ(重さ)と行動力は反比例するから、荷物はできるだけ持たないことにしてる。



b0183583_00470038.jpg


台湾のガイドブックに必ずといっていいほど出てくる九份の有名な建物、阿妹茶樓ですね。

アーメイチャーロウと読みます。

この写真を撮るために、向かいの海悦樓(ハイユエロウ)という所で、昼と夜と2回お茶しました。


海悦樓からの展望は街中の景色はずっと見てても飽きない。



b0183583_01004212.jpg


テラス席に座ってると、街中も海側の絶景も両方楽しめます。




b0183583_01354621.jpg

ツアー客がやってくる夕方前後の時間帯は、通路は人で大渋滞します。


b0183583_02122121.jpg


b0183583_02101096.jpg

どんどん食べて止まらんようになって、豚になってた人が、何かのアニメであったな。

実際に、台湾は、何を食べても飲んでも美味かったし安かった。



b0183583_01293387.jpg
どんどんどんどん集まってくるし。


b0183583_10362856.jpg
店に入ってみた。


b0183583_01553321.jpg

宮崎駿が来て、店内でスケッチしたと店の案内に書かれていた。


b0183583_01591312.jpg
せっかく来たので、阿妹茶樓の2階のテラス席で茶を飲んでみた。

ツアー客が去ったら、

ゆっくりと贅沢な時間が流れる。


この景色と空間を独り占め。



b0183583_01223728.jpg

人がほとんどいなくなったので、

再び向かいのカフェのテラス席で、独り占めの景色を楽しみました。



キラキラ〜


たまらんな〜。



九份は、金山で栄えた街なんだけど、

閉山とともにさびれていったと聞きました。


b0183583_10081164.jpg
それが、1989年に公開の「非情城市」のロケ地になって、ノスタルジックな街として蘇ってます。


b0183583_10191973.jpg
b0183583_10194267.jpg

古い映画館もそのまま残ってて、昔の映画を上映してます。



b0183583_02420052.jpg
映画館を出たらこの景色。



おおお、台湾っぽいな〜


って、

台湾やった。






# by school-809 | 2018-12-11 02:42 | おでかけ | Comments(0)
line

0968-66-1444


by school-809
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28