スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

school809.exblog.jp ブログトップ

シャウエンからラバトへ Chefchaouen to Rabat

b0183583_2037465.jpg


楽しい時間は、あっという間に過ぎるものです。

マラケシュから1週間ずっと一緒にいたサハラファミリーとも、ここシャウエンの街でお別れです。



b0183583_20393247.jpg


夜遅くまで、そしてホテルに戻ってからもずっと話しこみました。

お別れの前の最後の夜は、一緒にいるその人との時間を大切にしたいし、

その場所で出会えたことの奇跡や運命を感じます。


b0183583_21141367.jpg


別れの朝は寂しいもんです。

バス停でミントティーを一緒に飲んで、



また会えるといいね。



そう言って別れました。



たぶん、

I hope we can meet again.

そんな感じだったと思います。



見送った後、カフェで一人でコーヒーを飲んで、ラバト行きのバスを待ちました。




ラバトまでの道のりは6時間。

55ディルハム(600円)。


b0183583_22461599.jpg



b0183583_2248458.jpg


イケてるファミリーカーが、そこら中を走っていました。



b0183583_2257218.jpg


ラバトでは、

かたつむり一皿(100円弱)に、


b0183583_2258750.jpg


大好きなチェリモヤ(100円弱)も食べて、


b0183583_2315873.jpg


屋台で、肉を焼いてもらって(300円くらい、パンとトマト付き)、

モロッコ人の人たちに、ミントティーを奢ってもらいました。


本当は、ビールのつまみに最高だと思うんだけど、

イスラムの国では、アルコール類は手に入りません。


毎日フレッシュジュースを飲んで、

腹八分に抑えてたくさん歩き回るから、

腹筋が少し割れてきて体調も良くなってきました。


日本にいると、夜遅くビール飲んでカロリーの高いの食べてるし、あんまり歩かないし。

日頃の不摂生を反省しました。



b0183583_23152538.jpg


サンセットが綺麗なスポットを教えてもらいました。

マーケットの奥がビーチになっていて、ここがスポットということでした。


夕日がモスクに輝いてました。


b0183583_2318197.jpg


この景色が、

b0183583_2326201.jpg


赤く染まって、




b0183583_23403060.jpg



b0183583_2341512.jpg



大西洋に沈みました。



この向こうにニューヨークがあって、

そこまで行ったら、世界を一周したことになるよな。


ここまで来たら、南米も近いよな。



次の旅の夢が膨らんだ、アフリカ最後の夜になりました。




旅の印象は、出会った人たちで大きく変わります。


タイミングがずれると一生出会うことも無かった人たちかもしれません。



出会うべくして出会う人たち、


そういう人たちと時間や空間、そして価値観や心を共有できるのが旅の良さでもあるわけです。



年に一度、こうやって海外に行けるのも有難いことです。

行かせてもらってる、

生かせてもらってる。


自分が受けた恩恵は、どこかで還元します。

自分にできることで、できるだけ自然な形で。

それが流れとなって、動いていく、繋がっていく、循環していく。


大きい健全な流れを掴んでおけば、

小さいどうでもいいことは気にならなくなるものです。


そういうサイクルがあることを、

旅は教えてくれるし、考えさせてくれます。








Africa / toto
[PR]
by school-809 | 2016-11-13 00:50 | モロッコ | Comments(0)
line

0968-66-1444


by school-809
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30