スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

school809.exblog.jp ブログトップ

中学受験を考えておられる、新小学6年生の保護者の皆さまへ

訪問していただき、ありがとうございます。


明日は、県立高校入試の発表なので、わくわくしています。

がんばってきた人には、いい結果をですね。

そう願っています。



中学入試は、どちらかといえば本人より親が行かせたがりますね。

特に、玉名高校附属中学は人気があります。


新小学6年生は、この時期に大きな変化が起こります。

親しかった6年生が卒業するこの頃は、自分の将来も考え始めます。


受験をするという子が増え始めます。



その中でも、ただ言ってるだけの子もいれば、受験のために本気で準備をする子もいます。


違いは、夢を持っているかどうかだと思います。


将来、こういうことがやってみたい。

はっきり言える子ですね。

将来の夢の実現のため、そのために中学受験をするという考え方です。


受験は、本人も親も多大なエネルギーを必要とします。

私も、受験シーズンが終わると、疲れのため、ぐったりしています。


でも、それも一日だけ。


次なる目標を立て、動き始めます。



私は一生夢を持ち続けるし、そのために行動します。

その楽しさを伝えていくことが、私のミッションかなと思うようになりました。


それを伝えるには、たくさんのインプットが必要なんです。

たくさんのインプット、つまり勉強ですね。


インプットされた量が多ければ多いほど、アウトプットするときに、力を発揮します。


アウトプットとは、試験であったり、仕事であったり、人と話しあったり、意見の交換であったり。



そのアウトプットにより、たくさんの人の笑顔が生まれます。



今年は、スクール809の卒業生が、熊本大学医学部に合格しました。

高校卒業後、浪人もしましたが、小学校5年生からずっと来てくれました。



現役生も医学部を受験しましたが、今年はその願いは叶いませんでした。

その彼も、小学校3年生の時からのつきあいです。

来年の合格発表の日に、合格通知書を持ってくると約束してくれました。




高専も合格です。


熊本高専(熊本電波高専のことです)に合格した彼は、生徒会長などを歴任し、リーダーシップの取れる男前
です。


有明高専の一般入試で合格した彼は、個人的には玉名高校に行って、応援リーダーになってほしかった。

堂々としていて、声の通りが良くて、思いやりがあるんですね。



大島商船高専に合格した彼は、小さいころから船を見て育ってきました。

社会科見学で訪れた、長洲の造船所のタンカーを見て、航海に夢を抱くわけです。



有明高専の推薦入試で合格した2名には、ちょっと失礼ですが、奇跡に近い合格でした。

一般入試だと、厳しかったと思います。


ただ、この2人はとても素直で、推薦入試には面接があるんですけど、

自分のやりたいこと、

将来の目標、

志望動機、

何枚、原稿用紙に書かせたか分かりません。


でも、とても素直に、嫌な顔をせず、何枚も書きました。

何枚も書きなおしました。

その中で、自分のやりたいことがはっきりしてきたと思います。

結果、合格です。




中学入試のことを書きます。

玉名高校附属中学校が開校して、今年の入試が3年目になるんですが、

おかげさまで、3年連続の合格者がでました。


でもですね、

全員合格というわけにはいかないんですよ。


受験には、リスクもあるということです。



受験に不合格の場合、落ち込むし、

心無い言葉を受けるかもしれません。


でも、それを受け止める勇気も生まれます。

すぐに乗り切れます。

なかなか乗り切れないのが、親御さんの方ですね。


結果論で言ってはいけません。

過ぎたことです。

すごく成長したお子さんをほめてあげてください。


受験を経験した子は、自ら学び、自ら解決する姿勢を身につけています。

今度はそれを生かし、行動に移せばいいだけです。



一年前を思い出してください。


すごく立派になってますよ。



親の役目は、モチベーションが下がらないように、

あたたかく、見守ってあげる、


話しを聞いてあげることだと思います。
[PR]
by school-809 | 2013-03-13 02:00 | スクール809について | Comments(4)
Commented by GEN母 at 2013-03-15 14:49 x
こんにちは。いつもお世話になっております。
記事、大変参考になります。ありがとうございました。
夢を持ったときは強さがありますね。
夢か~。子供は今、あれもしたい、これもしたい、はありますが「将来の夢」はどうでしょうか。お友達もみんな「サラリーマン」って言っています。
実体験での感動が少ないのかもしれません。
受験まで、あと10ヶ月を切りましたので悔いのない生活をして欲しいと思っています。
結果は努力に見合って出ると、多分、本人も感じている・・・と思います。
私も、これからの1年間が楽しみです。
Commented by school-809 at 2013-03-15 23:41
具体的であればあるほど、夢は現実に近くなると思います。

仮に受験に、志望校に落ちたとしても、夢をあきらめなければ、どのルートを辿ってもその道に進んでいくと思います。

例えば、家から学校に行くまでも、道はたくさん選べます。

まわり道をしたり、時間がかかったりするけど、見なれないものを発見する喜びもあります。

困るのは、どこに行くのかが分からなくなって、道に迷うことです。

普通、卒業から入学まで時間がありますよね。
なぜだか考えてみました。

入学は入り口なんですね。
出口のない入口に入ると、どこをどうやっても、出られなくなります

将来の目標がはっきりしていれば、いろんな分岐点や誘惑があっても、
進む道がはっきりしているので、堂々と進むことができる。

かえって、途中の景色を眺めたり、途中で出会う人と深く話しあったり、
すべてに余裕ができて、すごく楽しめると思いますよ。

進む道を決めるのは自分の意志です。

そこで起こる出来事は運命です。

楽しく寄り道しながら進んで行くのもいいんじゃない?

そう思います。




Commented by school-809 at 2013-03-15 23:53
入学までに、真剣に自分と向き合う。

私の場合だと、旅に出ます。
自分を客観視したり、鳥瞰的な視点で自分を見つめます。

入学までに、卒業後の進路をしっかり考えて、その道に進むにはどうすればいいのかを、はっきりさせる事が大事だと思います。


親は聞いてあげる。

それだけでいいと思います。
Commented by GEN母 at 2013-03-17 13:01 x
お疲れのところ、コメントいただきありがとうございます。

「親はただ聴いてあげる」
そうですね。
なかなかできなくて私自身も日々反省しています。
ありがとうございました。
line

0968-66-1444


by school-809
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30