スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

school809.exblog.jp ブログトップ

iphone6のバッテリー交換の修理依頼をしたら・・

海外で使用することがあるから、普段使いのスマホはSIMフリーのアンドロイドを使ってます。

asusのzenfone maxというやつで、デュアルsim、SDカードも付けれるし、

バッテリーの持ちが非常にいいのよ。



それまで使ってたiphone6は、バッテリーの不具合があったみたいで、バッテリーの持ちがかなり悪かったから、

モバイルバッテリーを一緒に持ち歩かんといかんし面倒やった。

だから、普段使いはバッテリーが強力なアンドロイドを使ってる。



年末までアップルで、iphoneのバッテリー交換を格安でやってたから一応申し込んでみた。

自宅まで取りにきてくれて、送料込3200円やった。


b0183583_09420303.jpg

そして、送り返されてきたiphone6

えっ、

むちゃくちゃ綺麗やん・・・!!


b0183583_00490287.jpg

それもそのはず、

なんと、新品が送られてきた!



マジすか、apple!

そんな太っ腹でいいのかよ!




それを息子に報告したら、ヤツもiphone6持ってるので、それもappleに送ってみることにした。

ヤツのiphoneは傷だらけで、少しヒビ割れてる。


でも、その傷だらけのヤツのiphone6も、


b0183583_00584866.jpg

新品になって戻ってきた!

apple 神だわ!!



今までは、サブ機としてiphone6を使ってた。

街歩きをするとき、google mapで現在地を確認しながら移動したりするので、

その時に、写真を撮ろうと思った時に、いちいちカメラアプリと切り替えたり、

音楽プレーヤーを聴いてる時に、音楽が中断するのも面倒なので、

カメラや音楽プレーヤーとしてiphone6を使ってた。

それか、バイクのツーリングに行く時に、ハンドルに固定してナビ代わりに使ってた。



それが、バッテリー問題も解決されたピカピカの新品が送られてきた。


メインのスマホに格上げしてもいいかも。


b0183583_01361530.jpg
今度の更新月の時に、

LINEモバイルのSIMカード入れて使ってもいいかな。

そしたら、通話込みでも月に2570円で済む。


アンドロイドを海外SIMフリー端末として残しておいて、そっちを普段は音楽プレーヤーとして使うとか、

家族の誰かが新品iphone6を使うとか、

急に、どう使おうか贅沢に悩む存在になったし。



自作した塾のwindows7のパソコンも、いつの間にか8年も使ってるし、今年買い替える予定なのよ。


appleにここまでしてもらったので、


塾のパソコンもmacにしようと思います!





# by school-809 | 2019-01-21 01:57 | 趣味 | Comments(0)

一日1パーセントの進化を記録する

ソロキャンプに行ってきた。



b0183583_21494057.jpg



基本的に朝は苦手なので、なかなか日の出を見る機会は少ないのよ。

我が家から見る日の出も絶景なんだけど、

めったに見ないので、たまに見る日の出は神々しい。

しかも、非日常な景色の中だから、よけいに特別感が漂う。



ソロキャンプは、しかも冬のソロキャンプは、寂しくないの?

と、よく聞かれるけど、

夏のキャンプは、暑いし、ベトベトするし、キャンパー多くてうるさいし、虫も多いし。

それに比べると、冬のキャンプは風さえ無ければ、かなり快適。

気温は寒くても大丈夫。

ダウンジャケットを着込めばいいし。


変な人やうるさい人もいないし安全だし、キャンプ場を贅沢に一人占めできる。


日の出も遅いし、静かだし、ぐっすり寝れる。



電波の届かない所なら、なおさら一人を満喫できるし、

電波の届くエリアなら、時には友人と一緒にキャンプしてるような会話やLINEもできる。


夜が長いので、じっくりと自分に向き合うこともできるから、

今年一年の野望というかプランというか、目標というか、

そんなやつを考えてみた。



平成31年か。

あっという間に年を重ねていくな・・。


人は、一日1パーセント進化するとどうなるんやろ?


1月1日に、100の力を持ってたなら、

1月2日は、101になる。

1月3日は、101に対しての1パーセント増しなら、102.01

1月4日は、102.01に対しての1パーセント増しなら、103.03

最初は、じわじわ増える感じなんだけど、

毎日1パーセントずつ複利で進化していくと、

エクセルで計算してみたら、

71日目に、200を越えて、

141日目に、400を越えて、

233日目で、1000を超える。

そして1年経つと、3740にもなり、元の37倍にもなる。

そして、スタートから2年経つと、141345となり、1400倍、

3年経つと、5340512となり、元の53405倍、

どんどんどんどん複利で進化していくと、加速の度合いがさらに急上昇していく。

10年後とか、30年後とか、数え切れないほどの大きな数字になってると思う。


どういうことかというと、

早く始めれば早いほど、

進化の度合いが加速度的に進んでいくし、伸びしろも大きい。


何事にも、スタートするのは早いに越したことはない。

ということで、目標は一日1パーセントずつ進化していくこととしました。

忘れないように、今日何を進化させたか、毎日記録していくことにした。



以前と比べると、何事も

急速に変化してると感じてる。

その中でも、その人がどんなスキルを持っているか、というよりも、

新しいものを学ぶ力やチャレンジしていく力、それらを身につける力が必要だと感じてる。


今、何かに取り組もうと思った今がスタートだし、

今からでも1パーセントでも進化していけば、経験値は複利で増えていくから。

学べば学ぶほど、新しい発見もあるし気付きもあるし可能性も広がっていく。


1本の鉛筆から、

1本の線がノートに描かれ、

キャンバスに彩られ、

スクリーンに映し出され、

街中や広大な景色の中に繰り広げられ、

国境を超え旅し世界に無限に広がっていく。


新しいものを学ぶ力は、

新しい視点を持てる力だ。



あらゆる視点で物事を見ることができれば、

視野はさらに広がっていく。

自由とは、そういうものであると感じてる。




b0183583_22365372.jpg


朝目覚めたら、朝焼けの中、絶景が広がっていた。


お湯を沸かして、自分で焙煎したパナマのゲイシャコーヒーをドリップで淹れる。



こういうのも、たまらない贅沢だと感じる。






# by school-809 | 2019-01-08 01:38 | 自宅にて | Comments(0)

天空の城 台湾のマチュピチュ

勝手に命名しました。

台湾のマチュピチュ。


萌え萌えします。


b0183583_09431690.jpg

路地裏トレッキングしながら、汗かきながら結構歩いて勘で辿り着いた。

飲み物持たずだったから、喉がかなり乾いた。

誰とも会わないし、飲み物の自販機もないし。


でも、

この景色が見た時に、あっ マチュピチュだー!って思ったもんね。

個人的には、雰囲気似てると思う。

規模と歴史と知名度は違いすぎるけど。




ちなみに、

本家のマチュピチュはこれね。


b0183583_10345770.jpg
これは、私の父母が20年前に南米のペルーに行った時に撮影したやつ。

母親のアルバムから拝借しました。


うちの母は、定年退職後、国内外問わず旅していて南極以外の全ての大陸を制覇してる。

その母が、今までに行ったところで、ペルーが一番感動した所らしい。

だから、俺も体力のあるうちに行こうと思ってる。





今回、九份に行くことが目的で、それ以外予定もなかったし、

どこ行こうかな〜と地図を見ていたら、

「天空の城 十三層遺址」

っていうのを見つけた。

素晴らしいネーミングじゃねえか。

行くしかないな。


九份の宿で、十三層遺址ってどうやって行くの?と聞いたら、

そこのバス停を指差して、「台湾好行」ってバスで金瓜石を通って行くらしい。

バス停に着いたら、いきなり台湾好行と書いたバスがやってきたから、運転手に、

「十三層遺址」と書いた紙を見せたら、OK ということやったから乗り込んだ。


b0183583_11222756.jpg
九份は山の上の方の街だし、そこからは狭いくねくねした山道を海まで下りていく。


b0183583_11332700.jpg

海まで下りていく眺めはずっとよかった。


海まで下りたところの、広い駐車場の所でバスを降りた。


b0183583_11373957.jpg
見上げると、廃墟が段々に。

九份や金瓜石やこの辺りは、金鉱山で栄えた街。

この十三層遺址は、精錬所の跡らしい。



b0183583_11483494.jpg

b0183583_11521631.jpg

もうちょっと近づきたいので、

b0183583_17230310.jpg
海を見ながら、路地裏を登っていく。


b0183583_17251592.jpg

誰にも会わないから不安になるけど、道があるから進んで行った。


b0183583_17303096.jpg

水を持ってないから、喉カラカラ。

心臓破りの階段が続く・・。


b0183583_22452760.jpg

最後の階段を登りきったら、



b0183583_23042944.jpg
絶景が広がってた。

これ、下からずっと歩いてきたのよ。


b0183583_23132735.jpg

かっこいいな〜。

しばし見とれてた。


これ、ドローンとかやったらかなり近づいて撮れるよね。

マジで、ドローン買おかな。


でも、下手なうちはどこかに飛んでいって見失って、

ドロンと消えるかもしれんけど。

楽しそうだし、調べてみよかな。

おすすめ機種あるなら教えてください。


上楼まで近づいていった。

b0183583_00304132.jpg

インスタで検索してみると、この先っぽを歩いてるやつがいるし。
落ちたら死ぬ高さなのに。


一応、インスタグラムのアカウントも持ってます。



b0183583_00332280.jpg
廃墟マニアにはおすすめ


b0183583_00352589.jpg

b0183583_00390657.jpg

外回りをぐるっと一周した。


b0183583_00424778.jpg
黄金瀑布まで出たら、猴硐(ホウトン)行きのバスが来たので乗り込んだ。


b0183583_00551791.jpg
かつて、炭鉱の街として栄えた街なんだけど、


b0183583_01000999.jpg

今は、猫村として有名になってる村に着いた。

おしい、808だ。


b0183583_01031768.jpg


村中、いたるところに猫がいる。

その辺全部が猫カフェみたいな村。


b0183583_01065218.jpg
店番や、


b0183583_01085043.jpg

店長も猫でした。



その昔、金山で栄えた九份という街は、ノスタルジックな街として世界中から観光客を集め、


かつて炭鉱で栄えたホウトンという街は、

猫村として癒される村となって再び栄えてた。



かつて炭鉱で栄えた、大牟田や荒尾の街は、

今後どうなっていくんやろな。


衰退している市が再び脚光をあびるヒントや道は、

世界中にいっぱい転がってるんだけど、

その街に住む住民や市の上層部や議員、

これらの視野や視点と意識と知識が広がって変わらないと変化しないのよね。







# by school-809 | 2018-12-17 01:26 | おでかけ | Comments(0)

台北から九份へ 電車とバスで

台湾の代表的な観光地だと思う。

九份(ジウフェン)に行きました。


台北駅から特急電車で瑞芳(レイファン)まで行って(76元=290円)、

そこから、金瓜石行きバス(15元=57円)で、九份派出所で降りて歩き回った。

旅の荷物はいつも少ない。

今回はTシャツ、下着、靴下、それぞれ2枚、スマホ、コンセント、充電コード、タオル、洗面具、パスポート、財布のみ。

だから、小さなリュック一つだけなので、歩き回っても大丈夫。

荷物の多さ(重さ)と行動力は反比例するから、荷物はできるだけ持たないことにしてる。



b0183583_00470038.jpg


台湾のガイドブックに必ずといっていいほど出てくる九份の有名な建物、阿妹茶樓ですね。

アーメイチャーロウと読みます。

この写真を撮るために、向かいの海悦樓(ハイユエロウ)という所で、昼と夜と2回お茶しました。


海悦樓からの展望は街中の景色はずっと見てても飽きない。



b0183583_01004212.jpg


テラス席に座ってると、街中も海側の絶景も両方楽しめます。




b0183583_01354621.jpg

ツアー客がやってくる夕方前後の時間帯は、通路は人で大渋滞します。


b0183583_02122121.jpg


b0183583_02101096.jpg

どんどん食べて止まらんようになって、豚になってた人が、何かのアニメであったな。

実際に、台湾は、何を食べても飲んでも美味かったし安かった。



b0183583_01293387.jpg
どんどんどんどん集まってくるし。


b0183583_10362856.jpg
店に入ってみた。


b0183583_01553321.jpg

宮崎駿が来て、店内でスケッチしたと店の案内に書かれていた。


b0183583_01591312.jpg
せっかく来たので、阿妹茶樓の2階のテラス席で茶を飲んでみた。

ツアー客が去ったら、

ゆっくりと贅沢な時間が流れる。


この景色と空間を独り占め。



b0183583_01223728.jpg

人がほとんどいなくなったので、

再び向かいのカフェのテラス席で、独り占めの景色を楽しみました。



キラキラ〜


たまらんな〜。



九份は、金山で栄えた街なんだけど、

閉山とともにさびれていったと聞きました。


b0183583_10081164.jpg
それが、1989年に公開の「非情城市」のロケ地になって、ノスタルジックな街として蘇ってます。


b0183583_10191973.jpg
b0183583_10194267.jpg

古い映画館もそのまま残ってて、昔の映画を上映してます。



b0183583_02420052.jpg
映画館を出たらこの景色。



おおお、台湾っぽいな〜


って、

台湾やった。






# by school-809 | 2018-12-11 02:42 | おでかけ | Comments(0)

福岡空港から自動化ゲートで出国して台湾に行きました

前情報が全く無かったので、福岡空港でビックリしました。

塾の目の前のホテルヴェルデから、西鉄高速バスで福岡空港へ。

で、福岡空港のタイガーエアのチェックインで搭乗券をゲットして、手荷物検査へ。


ボディーチェックは、全身ぐるっと回って検査するタイプに換わってた。

そこからが、えっ!


出国検査が無人の機械になってた・・。

パスポートの写真の所をスキャナーにかざして、正面のカメラで顔認証を受ける・・。

すると、5秒くらいしてゲートが開いて出国になりました・・。


b0183583_23224708.jpg


自動で出国したから、日本を出国したスタンプが無い・・。

いいんか、これ?

何か、不法に出国したみたいやん。


以前、バングラデシュのダッカで、飛行機会社がパスポート預かって、そのままバングラデシュに入国して滞在した時はかなり不安やった。


アメリカのサンディエゴからメキシコのティファナに入国した時は、車で走ってたらそのまま知らん間にメキシコに入国してしまって、

滞在中も不安やったけど、アメリカに戻る時はチェックがあって何か言われるんやないかと不安やった。


タイの山岳地帯の町でファームステイしてた時に、観光でライスフィールドに連れていってくれたんだけど、

ここどこ?って聞いたら、ビルマ(今はミャンマー)って言われて、知らん間に国境越えてた時も不安やった。


出国のスタンプが無いと不安よね。


まさか日本で、いつの間にか自動で出国することになるとは思いもせんかった。


パスポートの写真と本人を機械が認証する時代になるとは。


塾にもそっくりな双子がいて、声も同じでどっちか区別つかんで、いつもカンでよく外れるんだけど、

見分ける時は動作で判断してる。

落ち着きの無い方がヤツだとか、鼻くそほじったらヤツだとかいう感じ。


写真とじっとしている人間を判断するのは難しい。

たぶん、こういうのは人間より機械の方が精度高いんやろなと思う。

AIの進化で無くなる職業を見た気がした。



b0183583_23462225.jpg

今回の旅行先は台湾。

福岡空港の両替レートは悪すぎ。

4.30円=1台湾ドル


b0183583_23484791.jpg
台湾の台北桃園空港の両替レートは、0.2630

これはどういうことかというと、

1円=0.2630

10,000円=2630台湾ドル

つまり、1台湾ドルは、10000÷2630=3.8円ということ。


福岡空港では、1台湾ドルが4.3円、台北空港では1台湾ドルが3.8円、

具体的に言うと、

10,000台湾ドルと両替するのに、福岡では43000円必要で台湾では38000円ということ。


台湾で両替した方がお得です。

しかも台北の空港は、24時間両替可能。


b0183583_23553965.jpg
simカードは、到着したら入国イミグレーションまでに買った方がお得やった。

到着ゲート内では、5日間使い放題のsimカードが250台湾ドル(950円)。

台湾に入国した後だと空港内の店は、300台湾ドルやった。



b0183583_23592606.jpg

飛行機の中で、なんか佐賀が紹介されてたので、まさかと思ってフライトルートを見たら、



b0183583_00014896.jpg
佐賀から台北が飛んでるやん・・。

知らんかった・・。



b0183583_00054238.jpg
しかも、時間もいい時間帯だし、そこまで高くないし(往復20000円ほどかな)、

なんといっても佐賀空港は自宅から近いし、車は何日でも駐車料金は無料だし、

小さい空港なので歩かなくてすむし。


次は、佐賀空港から行きますよ。


台北桃園空港からは、電車で30分ほどで台北駅に、150台湾ドル(570円)

初日だけ台北駅近くにホテルを予約してたので、googlemapを見ながら行ってみると、何度か通り過ぎてた。



b0183583_00212831.jpg
漢字にすると、ヤバそうなホテルだ。


先生の秘密の巣穴。


マジか・・。


しかも、その入口は、

b0183583_00235699.jpg
大人天国・・。

ヤバさが、パワーアップ・・。



入ってみたら、けっこういいんだけど、

大人天国に入ってみたらじゃなくて、ホテルに入ってみたらということね。


b0183583_00265119.jpg
なかなかいい感じのホテルやったけど、


b0183583_01030724.jpg
台北駅に行ってみても、

一瞬、えっと違う視点で見てしまう。




b0183583_00314138.jpg

ナイトマーケットをうろうろしてたら、




b0183583_00343105.jpg

一瞬、俺の名前と見間違えた。



b0183583_00363736.jpg

30年の歴史のあるヤバそうなネーミングの店でカニを食べた。



b0183583_00425868.jpg

帰りに、コンビニに寄ったら、ヤバそうな缶詰が目に留まった。


ちん・・・・



もしかして、草かんむりに姑って、「こ」って読むんじゃ・・?


ということは、まさかの・・



ち   ん   ○  




とりあえずお土産に買ってみた。





# by school-809 | 2018-12-07 01:26 | おでかけ | Comments(0)
line

0968-66-1444


by school-809
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31