スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

school809.exblog.jp ブログトップ

ネパール エベレストトレッキング

今まで行った国で、一番前頭葉が震えた国がネパールです。

生徒達にも、自分の子供にも、ネパールの話しは何度もしています。


死ぬまでに、一度はヒマラヤ山脈を見てほしいし、

その中でも最も代表的な世界一高い山が、エベレストですね。


すぐに辿り着くような場所ではないので、

何日も何日も険しい山の中を歩いて、エベレストを目指すわけですが、

そういう苦労があってこそ、より輝いて見えます。


世界中にある色んな世界一の中でも、最も価値ある世界一の存在感を持っているのがエベレストだと思います。


今回、私の息子がエベレストトレッキングに挑戦したので、それを紹介します。


b0183583_21523663.jpg

エベレストを望む絶景地、カラパタールからの風景。

標高 5545m

ここからの眺めが、もっともエベレストを近くで見れる場所だと思う。



b0183583_22143382.gif


うちの息子のペースは体力あるのでかなり早い。


b0183583_22341744.jpg


1日目 カトマンズから飛行機でルクラに入って、モンジョまで歩き。

俺が行った27年前のルクラの飛行場は、舗装もしてなくて砂利の滑走路で距離も短かった。

写真で見るよりもずっと傾斜が厳しい坂道の滑走路で、飛び立つ飛行機が視界から消えた時は落ちたかと思いました。







カトマンズからルクラへのフライトは、30分ほど。

有視界飛行で、その辺の山にぶつかりそうなフライトです。


b0183583_00345765.jpg


2日目、モンジョからナムチェバザールまで3時間弱、高山病予防のため高度順応。

ナムチェは居心地良すぎて。


b0183583_00494205.jpg


3日目 ナムチェからディンボチェ

中央左奥にエベレスト(8848m)、右端アマダブラム(6812m)


b0183583_00523409.jpg


これが俺が27年前に撮った、ほぼ同じ位置からの写真。

レンズの画角でアマダブラムは入ってません。


b0183583_01114738.jpg

アマダブラムは、この山ですね。


b0183583_01192888.jpg
ディンボチェから見るアマダブラムは、違う雰囲気



4日目 ディンボチェ(4410m)からチュクン(4730m)、コンラマパス(5535m)越え、ロブチェ(4900m)



b0183583_01303491.jpg

コンマラパス(5535m)からのジャンプ台


b0183583_01324876.jpg


すでに高い所からの高い所

なんとかは、高い所が好きといいますからね。

b0183583_01492205.jpg



5日目 ロブチェからカラパタール



b0183583_01595476.jpg



b0183583_02063001.jpg



b0183583_02074712.jpg



b0183583_02091943.jpg


カラパタール(5545m)からのヌプツェ(右側 7861m)とエベレスト(中央 8848m)


b0183583_02130331.jpg

エベレスト (8848m)


エベレストに一番近い絶景ポイントですね。


b0183583_02192177.jpg


世界で一番標高の高いロッジから見る無数の星。

ネパールで見た星が、今まで見た中で最も沢山見れて、電気も無いし、空気も澄んでいるので最高美しいです。



6日目 カラパタールからエベレストベースキャンプ(5364m)、ロブチェ




b0183583_02384301.jpg


エベレストベースキャンプ(5364m)

これより上は、トレッキングではなく登山になります。

2015年のネパール地震で雪崩が発生し、多くの登山者が亡くなりました。




7日目 ロブチェからチョラパス(5420m)越え、ゴーキョへ


b0183583_02495592.jpg

b0183583_02511584.jpg


最大の難所、チョラパス(5420m)


b0183583_02545348.jpg

氷河越えもあるので、アイゼンは必須です。


b0183583_02594131.jpg

b0183583_03053994.jpg

氷河の山越えの次は、氷河の谷越えをして、ゴーキョに抜けます。






8日目 ゴーキョピーク(5483m)へ


b0183583_00175891.jpg

ゴーキョの村から湖を渡ってゴーキョピークを目指します。


b0183583_00184914.jpg


きつい傾斜で、酸素もかなり薄いので、思った以上に大変です。


b0183583_00241774.jpg
ゴーキョの村も小さく、後ろの氷河がワイルドです。



b0183583_00381711.jpg
これが、2017年のゴーキョピークからの風景



b0183583_00391298.jpg


そしてこれが、27年前、1990年の同じ時期、同じ所からの風景

ずいぶん、雪も白くて多くて、氷河も厚い。


この27年で、確実に地球温暖化が進んでますね。


b0183583_00435873.jpg


何をやってるかというと、


b0183583_00492422.jpg


27年かけての親子でのエベレスト記念撮影ね。

2017年の息子と、


b0183583_00511744.jpg

1990年の俺




ここに辿り着くのすごく大変なのよ。

息子はハイペースなので8日くらいで行けたけど、

俺はずっと下の麓から、ゆっくり遊びながら進んでたから29日かかった。



b0183583_01044655.jpg
自分が写ってる写真で一番好きな写真がこれ。


今まで行った所で一番感動した場所。


b0183583_01073320.jpg

そこに行ってくれた息子に感謝。


b0183583_01084580.jpg


そして、息子と共にエベレスト三大峠の制覇に同行してくれて、


エベレストの親子記念写真を撮ってくれたコイツにも感謝!






よかったら、2年前のネパール地震の直後に書いたこのブログも読んでください。

若かりし私が登場します。

いったい誰?

うそやろ?

と思うでしょうけど(笑)













[PR]
# by school-809 | 2017-06-14 06:17 | NEPAL | Comments(0)

斜里・知床・釧路湿原 地平線ツーリング 北海道


地平線まで続く道を求めて走りました。

b0183583_22334519.jpg

斜里から知床方面への道。



途中に展望台があって、そこで満足されて帰られる方が多かったんですけど、

ここまで来たなら、道路のつきあたりまで行ってくださいね。


スケール違います。


b0183583_22413344.jpg



地平線まで続く道に感動するはずです。




b0183583_22490951.jpg

海にまで続くダートや、



b0183583_22502233.jpg
地平線まで続くダートロードに出会えます。



b0183583_23000552.jpg


地球が丸いのが分かるライダーの聖地の開陽台ですね。

寒いし夕方だし、ライダーに会いませんでした。



b0183583_23092525.jpg

開陽台まで続く20kmの快適直線道路。


b0183583_23110240.jpg
開陽台周辺は、縦も横も地平線道路だらけ!



b0183583_23130414.jpg
わき道は、ダートだらけ!

オフ車最高。

砂煙上げて2速とか3速全開で走るダートは、タイヤは滑るけどすごく楽しいし。


地平線まで続くダートが何本もありました。



b0183583_23294264.jpg

釧路湿原も行ってみたかった所の一つ。


b0183583_23354817.jpg


ここでも目の前をツルが飛んで行きました。

ただ、いきなり飛んで来て、飛んでいったのでカメラで撮る余裕はありませんでしたが、

その分、しっかりと飛んでる姿を目に焼き付けることができましたよ。



b0183583_23420479.jpg

釧路湿原もダートだらけ。

こういう整備されたダートもあれば、湿地の中を走るダートもあります。

湿原の中をゆっくり走ると、いろんな野生動物や植物に出会います。

オフ車で来ると、かなり奥まで入れるので、こういう楽しみがありますね。


これだけ自然が豊富ということは、言い換えると自然災害の被害にも遭いやすいということなんですね。



b0183583_23480989.jpg
線路が泥で埋まっていたり、


b0183583_23501116.jpg

川が削れていたり、


b0183583_23553365.jpg

橋が流されていたり、


b0183583_00075214.jpg

b0183583_23593109.jpg

北の大地は、野生動物や住民にとっても、


b0183583_00025270.jpg

ゴジラにとっても、

厳しい環境であるのかもしれません。







北海道の動物たちはかわいいですね~。

すごくいやされます。



b0183583_22134009.jpg



ホルスタインの赤ちゃん。

一人ずつお家があるし。

むちゃくちゃかわいい。





b0183583_00161363.jpg

バイク停めて、きゃーかわいいー、って柵ごしにニコニコしてたら、

気がつくと3歳くらいの女の子が隣で同じようなスタイルでニコニコして、

きゃーかわいいー、って言ってました…。

そのくらいの精神年齢にすぐなれます。



ヒツジも牛も、小さいのはむちゃくちゃかわいいんだけど、


b0183583_00200290.jpg

もしかしたら、こうなったり、


b0183583_00224371.jpg

こうなったりしてるかもしれません…。




そうそう、北海道の食事といえば、毛ガニ!!


b0183583_00290305.jpg
これ、いくらと思う?



b0183583_00302185.jpg

いくらはこれ!

っていうオヤジギャグは置いといて・・、


b0183583_00340827.jpg

2匹で290円やった(安っ!)



b0183583_00412972.jpg

大間のマグロと函館ののタコを自炊したり(それぞれ300円ほど)、切るだけなんだけどね。


b0183583_00474587.jpg

厚岸の牡蠣なんて最高に美味い!(1個150円)。



b0183583_00571416.jpg
モナコグランプリみたいなコースもあったりして、

日本じゃないみたい。




b0183583_01060925.jpg

日本じゃないというと、北方領土。


知床峠から北方領土が目の前に見えました。



b0183583_01140695.jpg

海の向こうに見えるのは、国後島。

北方領土の中で、択捉島に次いで2番目に大きい島です。



北方領土は、日本固有の領土です。

旧ソ連の時代からずっと不法占拠されている状態です。




北方領土問題については、以下の日本政府の見解が参考になります。

知っておいてくださいね。










b0183583_01362883.jpg




今回のツーリングは、道央・道東を巡る旅。


北海道ツーリング最高でした。

けっこう一人で来てる人も多くて、宿で盛り上がり、温泉で盛り上がり、

酒を飲んで盛り上がり、偶然別の宿で再会してまた盛り上がりました。

こういう非日常の世界を満喫できると、

しばらくは何やっても高いモチベーションを維持することができます。


また来たいですね。

次は、最北を巡る旅に出かけたいと思っています。






[PR]
# by school-809 | 2017-06-04 01:22 | バイク | Comments(0)

美幌峠・網走・斜里 北海道ツーリング

北海道の温泉がかなり気に入ってしまい、この日も早朝の開放的な露天風呂からのスタートです。

b0183583_21513406.jpg
屈斜路湖の湖畔の温泉で身体を温めたので、


b0183583_21552074.jpg

美幌峠のクマザサソフトも食べれた。


b0183583_22234091.jpg

網走川沿いのダートを走ってたら、野生のツルが目の前を飛んでいったよ。

マジで感動!



b0183583_00195898.jpg

知床の山々が見渡せる冬は流氷が流れ着く網走の海岸に出たら、



b0183583_00223756.jpg

髪の毛が増えちゃったよ!


さすが、ワカメ効果!


b0183583_00484252.jpg

林道を何本か行って、道に迷って、なんだか海岸線に出たら、


b0183583_00554042.jpg
干潟で、ホタテやホッキ貝やら寿司ネタっぽいのから、

巨大なアサリやシジミなど、けっこう獲れてましたよ。



b0183583_01021630.jpg



地球は丸いと実感できる岬にしばらくたたずんで、


b0183583_01065582.jpg

網走から斜里方面へ



b0183583_01131748.jpg
何やったっけ?

ほら、


何かの映画で見た風景・・・。




太陽にほえろ

じゃなくて、

ん~・・・


思い出せん・・。



何やったっけ~~~~~?







[PR]
# by school-809 | 2017-06-02 01:20 | バイク | Comments(0)

幻の橋 タウシュベツ川橋梁に行くことができました

北海道で一番行きたかった所がここ。

タウシュベツ川橋梁。

冬から初夏にかけて姿を現す幻の橋です。


b0183583_22251185.jpg

特にゴールデンウィーク前後は、湖の水位が下がり、

ローマの遺跡のような神秘的な姿になります。


以前から行きたかった所でした。

行くなら早く行った方がいいですよ。

たぶん、数年以内に崩壊します。



b0183583_22375322.jpg

特にこの部分、今年に入って大きく崩れたそうです。






ちょうど、私が行った日に、テレビ局の取材が入って、その様子がオンエアされました。

ヤフーのトップニュースにも取り上げられたんですよ。



b0183583_22464149.jpg
ぬかびら温泉に泊まってたので、朝食後行ってきました。


タウシュベツに行くゲートは閉じてます。

林道を4kmほどです。


徒歩・バイク・自転車はゲートの横から入っていけますが、自己責任で。



どうして自己責任でかというと、


b0183583_22513323.jpg




ある~日、森の中っ♪



ヤバいのに出会うかも?


となるかもね。



b0183583_23013346.jpg

実際、林道に一人でいると、こういうのが、クマに見えてビビるわけです。




b0183583_23305126.jpg





b0183583_23342929.jpg


年に1回、こうやって水中から出現して、

でも来年は朽ちているかもしれないし。


姿・形のあるものは全て何らかの形で終焉を迎えます。


朽ちていく姿も美しいものです。



b0183583_23415843.jpg


b0183583_23464022.jpg



道中、こういうのも目に留まります。





b0183583_23500526.jpg


オンネトー近くのとっても硫黄臭い温泉に入って、


b0183583_23531924.jpg

こういうネーミングに憧れるな~、


b0183583_23553392.jpg


生きのいい、まりもちゃん

買いましたよ。

ん~、飼いましたよ、こっちの方がいい表現かも。


まりもちゃん、すごくかわいいんだよね~。

一緒にいるとなごみますよ。





b0183583_00054972.jpg


霧の摩周湖は快晴。

快晴だと婚期が遅くなるそうです。

ということは、これからチャンスがあるということですね。



b0183583_00142288.jpg
第3展望台からの景色。

世界で2番目に透明度高いらしい。


b0183583_00220504.jpg

摩周湖から見た、屈斜路湖に沈む完璧な夕日。



硫黄山温泉に入って、

川湯温泉に入って、

コタン共同浴場に入って、


この日最後は、その隣の超開放的なコタンの湯で、

地元北海ライダーと台湾人と盛り上がり、

夜中まで長時間異文化交流を楽しみました。



















[PR]
# by school-809 | 2017-05-27 00:45 | バイク | Comments(0)

富良野・美瑛・三国峠 北海道ツーリング sanpo

十勝岳から下りてたら、「青い池」という看板があったので寄ってみたら、

b0183583_22174903.jpg
本当に青い池だった。



b0183583_22391895.jpg

富良野は、ラベンダーシーズンになると、色鮮やかになるそうですが、


b0183583_22404220.jpg

苗を植えられている最中でした。

手作業なんですね、それが意外。


b0183583_22422088.jpg

b0183583_22442021.jpg

美瑛は、いたるところにCMやポスターに使われた丘があって、北海道をイメージするような景色の連続です。



b0183583_22492882.jpg
ジェットコースターの道っていうのがあって、

バイクで走ってると、ずっと直線の道なんですが、

波うってて、横からみればこんな感じのアップダウン。

前に走ってる車が、消えたり出てきたりします。


b0183583_22522794.jpg



どこにいるのか分からなくなるような景色に出会います。


b0183583_22554148.jpg
絶景の三国峠を越えて、



b0183583_22573578.jpg


白樺の樹海ロードをずっと走って、

糠平温泉に泊まりました。



冷えた身体が、無数の星空の下の温泉で温まり、暖かい日本酒で身体の中からも温ま~りました。


なごむ~




[PR]
# by school-809 | 2017-05-23 23:13 | バイク | Comments(0)
line

0968-66-1444


by school-809
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30